【ボロフェスタ2019】3日間のタイムテーブル発表

Billboard JAPAN

2019/10/3 19:00



10月25日~27日にかけて京都KBSホールで開催される音楽フェスティバル【ボロフェスタ2019】のタイムテーブルを明らかになった。

初日となる10月25日のトリを飾るのは、【ARABAKI ROCK FEST.19】【VIVA LA ROCK 2019】など大型フェスに出演し、シーンを席巻したTENDOUJI。2日目の10月26日トリは、“楽器を持たないパンクバンド” BiSH。9月23日に行われた大阪城ホールでの公演を即日ソールドアウトさせた勢いをそのままに、10月から全国19か所23公演のバンド編成ホールツアーを控え、11月6日にはメジャー6thシングルをリリースする。

そして3日目の10月27日に大トリを飾るのは、The Pains of Being Pure at Heart / Mac DeMarco / Julien Baker / Norman Blake(Teenage Fanclub)といった海外アーティストとの共演、4度に渡る【FUJI ROCK FESTIVAL】出演に加え、昨年公開の映画『リズと青い鳥』の主題歌や今年4月に映画『愛がなんだ』の主題歌「Cakes」をリリースするなど、京都を代表するバンド、HomecomingsのChamber Setだ。通常の編成にストリングスを加えたスペシャルな編成でボロフェスタ2019の大トリを飾る。

◎イベント情報
▼開催日時
:2019年10月25日(金)、26日(土)、27日(日)
■昼の部
10月25日(金) 17:00 開場 / 17:55 開演
10月26日(土) 11:00 開場 / 11:55 開演
10月27日(日) 11:00 開場 / 11:25 開演
■夜の部
10月26日(土) 21:30 開場 / 開演

▼会場
■昼の部:京都KBSホール
■夜の部:京都METRO

▼出演アーティスト・日割りラインナップ
■10月25日(金) 昼の部
YAKUSHIMA TREASURE(水曜日のカンパネラ x オオルタイチ)/TENDOUJI/夜の本気ダンス/DENIMS/君島大空/Ghost like girlfriend/the engy/Mom/羊文学/No Buses/さとうもか/リクオ/踊る!ディスコ室町/Daijiro Nakagawa(from JYOCHO)/ULTRA CUB

■10月26日(土) 昼の部
BiSH/ZAZEN BOYS/eastern youth/Hump Back/Tempalay/セン・モリモト/メシアと人人/Age Factory/ハルカミライ/NABOWA/toconoma/柴田聡子inFIRE/ゆーきゃん/クリトリック・リス/ワンダフルボーイズ/空きっ腹に酒/竹内アンナ/徳利/folk enough/ボギー/DJ後藤まりこ/Johnnivan/突然少年/キーマカリーズとチチワシネマ/浪漫革命/soratobiwo/Gue/nishikeke/ツチヤチカら/河内宙夢/ASAYAKE 01

■10月26日(土) 夜の部
LEARNERS/NOT WONK/Dos Monos/in the blue shirt/HALFBY/OUTATBERO/台風クラブ/THE FULL TEENZ/FEELIN'FELLOWS DJs/クリトリック・リス/mogran'BAR

■10月27日(日) 昼の部
Homecomings Chamber Set/でんぱ組.inc/カネコアヤノ/KID FRESINO/Limited Express (has gone?) /GEZAN/Have a Nice Day!/シャムキャッツ/フィロソフィーのダンス/オメでたい頭でなにより/超能力戦士ドリアン/BiS/愛はズボーン/teto/ハンブレッダーズ/ズーカラデル/Acidy  Peeping Tom (From Taiwan) /Hi,how are you? /金佑龍/xiangyu/YOLZ IN THE SKY/チーターズマニア/ELEKIBASS/Sawa Angstrom/ときめき☆ジャンボジャンボ/NaNoMoRaL/Ribet towns/the seadays
■Talk Event:アジア・インディー・ロック徹底研究 出演 : 菅原慎一(シャムキャッツ) 司会 / 進行 : 岡村詩野
■party navigator:MC土龍
■ふれあいGIG:アイアムアイ/ミノウラヒロキ・マジックショー

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ