松本人志、独特なコンビニのトイレ事情を告白

※画像は、『ワイドナショー』公式サイトより

 

9月29日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、「トイレを借りるだけでコンビニに入ることが出来ますか?」という一般視聴者からの投稿に関して議論が行われ、これに対し松本人志は独特すぎるトイレ利用の基準を紹介。スタジオ中爆笑に包まれた。

 

松本「おにぎり2個の時は結構デカイのいったなーっていう」

 

番組終盤「コンビニでトイレを借りる時、申し訳なくて欲しくもないお菓子を買ってしまうのですが、皆さんはどうですか?」という「コンビニあるある」な視聴者投稿が紹介される。

 

出演者一同「ありますねー」と肯定する中、ゲストコメンテーターの長嶋一茂は「僕らタレントは(コンビニトイレを)使う機会多くないですか?コンビニの近くを集合場所にして、ロケの合間合間に利用させてもらうとか」と話し、MCの東野幸治は「スタッフさんとかが大量にコンビニで買ってくれるから、トイレとかも利用できるんじゃないですかね」とまとめるも、松本は「申し訳ないと思うね。でもスタッフは本当に買いに行ってるんですかね?」と自省しつつ付け加えた。

 

そして、個人で利用するときの話になると、松本は「ザックリですけど、小をする時は水買って帰ります。大の時はおにぎり買って帰りますね」とよくわからない基準を発表し皆爆笑。理由を聞かれると松本は「大の時は失ったものを取り戻さなアカンな、と思いますからね。だからおにぎり2個買ったときは結構デカいのをいったなーっていう」と話しオチをつける。これに長嶋が「出たものを見てからおにぎりの個数を決めるんですね」とフォローをし、さらに大爆笑。東野は「そんな考え方あるんですね」と妙な納得の仕方をしていた。

 

さらに松本は「何か買わないとと思ってたんですけどレジが混んでて結構時間がかかって、ようやく会計終わって外に出たら駐禁の切符切られた、みたいな。俺の優しさがそっちに来たか、みたいなことはありましたね」と過去の経験を話し、皆なるほどとうなづいていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ