早くも大人気の「C3 エアクロス SUV」に、ヴィンテージ感あふれる大人の特別仕様車

IGNITE

2019/10/3 17:00


今年7月に導入されたシトロエンのコンパクトSUV「C3 エアクロス SUV」が、早くも大人気となっている。その理由が独創性とコンフォート性にあることは明白だ。そう、いずれもシトロエンが100年にわたって追求し続けているブランド哲学でもある。



そんな上り調子のモデルに、ヴィンテージ感あふれる100周年記念の特別仕様車が登場した。

10月1日に発売された「C3 エアクロス SUV ORIGINS」は、ブロンズのテーマカラーを内外装に散りばめた、2019年のみ製造される特別仕様車。4月に導入された「C3 ORIGINS」と「グランドC4スペースツアラー ORIGINS」に続く、オリジンズ第3弾となる。



もともとC3 エアクロス SUVはタフでポップで元気なイメージのクルマだが、ナチュラルホワイトのボディ×ブラックルーフにブロンズのアクセントを加えることで、シックで落ち着いた大人の雰囲気に仕立てられている。



キーとなるブロンズは、外装ではヘッドライトベゼルやドアミラー、リアバッジ、内装ではダッシュボードやファブリックシートのステッチなどに採用される。また、フロントドアには初代ダブルシェブロンをモチーフとした100周年記念ロゴマークが奢られる。



ベース車は上級グレードの「SHINE」で、そこにグリップコントロールや17インチアルミホイール、カラーマルチファンクションディスプレイ、リアロールアップブラインドといった装備が追加される。



搭載するパワートレーンは、1.2Lの直3・直噴ターボ(110ps/205Nm)に6速ATという組み合わせ。燃費はWLTCモードで14.7km/Lをマークする。価格はベース車から21万4,000円高となる295万4,000円。



シトロエンは10月1日から約3ヵ月間にわたり、「みんなで100歳キャンペーン」を実施。ペットを含む家族や友人の合計年齢100歳±10歳でシトロエンディーラーに来場すると、3インチミニカーセット(6台入りコフレ)がプレゼントされる。

(zlatan)

画像元:プジョー・シトロエン・ジャポン

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ