ウィリアム王子&キャサリン妃、パキスタン公式訪問を控え“カレー談義”で盛り上がる

今月中旬よりパキスタンへの公式訪問が予定されている英王室ウィリアム王子・キャサリン妃夫妻が現地時間2日、ロンドン市内のイスラム教育文化施設「アガ・カーン・センター」で開催された文化イベントに出席した。会場ではイベントに訪れた人々と“カレー”の話題で盛り上がったようだ。

現地時間2日、ウィリアム王子とキャサリン妃がそろってロンドン市内のイスラム教育文化施設「アガ・カーン・センター」を訪れた。同センターでは、パキスタン大使館の協力のもとアガ・カーン4世(Prince Shah Karim Al Hussaini, Aga Khan IV)がウィリアム王子夫妻のために特別イベントを開催、イスラムコミュニティーを中心に活動するリーダーや実業家、ミュージシャン、シェフ、アーティストらが集まり、パキスタン文化を紹介した。

『PEOPLE.com』によれば、ウィリアム王子とキャサリン妃は談笑中、今月中旬の同地訪問の際には本場パキスタン料理を食べるのが楽しみだと明かしたという。キャサリン妃は自宅でもよくカレーを作っており、

「家族のためにカレーを作るのは、とても難しいですね。子供達にはスパイス抜きのカレー、あなた(ウィリアム王子)のはミディアム、私自身は激辛が好きなので。」

と3種類のバージョンを用意し、またシャーロット王女は辛口も好んで食べているというエピソードを披露したそうだ。

自分が好きなのは“中辛”だと伝えたウィリアム王子は、「パキスタンには“中辛”は存在しないんですよ」とパキスタン人に言われてしまったようだが、

「激辛ってのはどうも…スパイスは好きなんですが、辛いのはね。」

「いずれにしも、パキスタンへの訪問を楽しみにしていますよ。大きめのスーツを用意しておかなくては。」

とジョークを述べたという。

2017年に出演したラジオ番組の中で「テイクアウトのカレーを食べながら、部屋着でリラックスしてテレビを見る」と明かすほどカレー好きなウィリアム王子とキャサリン妃だが、本場パキスタンの激辛カレーにはどこまで耐えられるだろうか?

なお昨年4月にルイ王子が誕生して以来、初めてとなる夫妻の本格的なロイヤルツアーは、今月14日から18日までの予定となっている。

画像は『Kensington Palace 2019年10月2日付Instagram「Less than two weeks to go until #RoyalVisitPakistan!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ