珍しい「連続真夏日」予想 原因は台風 いつまで暑い

日直予報士

2019/10/3 16:30

東京は、10月なのに6年ぶりに2日連続真夏日予想。週末は関東から西で真夏日が続出しそう。台風が去っても、季節外れの暑さに注意。

●暑さの原因は?

台風18号は、3日15時に日本海で温帯低気圧に変わりました。台風から変わった温帯低気圧の影響で、東北の日本海側を中心に雨や風が強まりそうですが、荒れた天気をもたらすだけではありません。全国的に、10月とは思えない暑さをもたらしそうです。
暑さの原因は、台風本体が運んできた「暖かく湿った空気」や、台風から変わった温帯低気圧に向かって吹く「強い南風」。これらの影響で、週末は、関東から西で、真夏日が続出するでしょう。

●10月としては異例の「2日連続真夏日」も

最高気温は、東京都心は4日金曜日と5日土曜日は、どちらも32度と、「2日連続の真夏日」の予想です。東京都心で10月に真夏日になることはあっても、いつもの年は、なかなか続きません。ただ、今回は「10月なのに、真夏日が続く」のがポイントです。東京都心で10月に2日連続して真夏日になったのは、統計開始以来、たった2回(1915年10月8日と9日、2013年10月11日と12日)しかなく、今回、10月に2日連続真夏日になれば6年ぶりです。東京の最高気温は、平年のこの時期ですと23.3度~23.1度なので、4日金曜日と5日土曜日は、平年より9度くらい高いでしょう。
そして10月らしくない暑さは、東京都心だけではありません。熊谷では、4日金曜日と5日土曜日は、どちらも33度まで気温が上がるでしょう。名古屋と高知は、4日金曜日と5日土曜日の2日間とも最高気温は30度予想。広島と大分は、4日金曜日は真夏日になりそうです。週末のお出かけは、まだまだ暑さ対策が必要です。運動会など、体を動かす方は、こまめに水分補給ができるよう、飲み物を多めにご用意下さい。

●暑さはいつまで? 衣替えのタイミングは?

この暑さは、いつまで続くのでしょうか?最新の資料では、6日日曜日頃は、北海道や東北の上空に寒気が流れ込みますが、一時的でしょう。来週後半も気温は平年より高い傾向で、関東から西では、まだ30度近くまで気温の上がる所がありそうです。
ちなみに、東京都心で、最も遅く「真夏日」が観測されたのは、2013年10月12日。今年も、この年に匹敵するくらい、遅い時期まで「真夏日」が出現する可能性もあります。今年の秋は、衣替えのタイミングが難しいですが、関東から西では、まだしばらく、薄手の洋服を残しておいて下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ