カンボジア運転手殺害、日本人の男2人に禁錮13年と10年の判決

AbemaTIMES

2019/10/3 13:03



 カンボジアでタクシー運転手が殺害された事件の裁判で、被告の日本人の男2人に禁錮刑の判決が言い渡された。

元自衛官の中茎竜二被告と石田礼門被告は今年3月、カンボジアのシエムレアプで、タクシー運転手のフム・チャンさんを刃物で殺害し、車を奪った計画殺人の罪に問われていた。中茎被告には禁固13年、石田被告には禁固10年が言い渡された。

これまでの裁判で2人は「殺すつもりはなかった」と殺意を否認。被害者の妻は「正義に基づく判決を下してほしい」と話していた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ