松坂桃李、“足つぼ”体験に悶絶!?「勢いだけでやった」『脱力タイムズ』

テレビドガッチ

2019/10/3 13:00

映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)に出演する松坂桃李、川島明(麒麟)が、10月4日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)にゲスト出演する。

この番組は、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCをアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当。全力解説員として、吉川美代子、出口保行、木村隆志が出演する。

アリタをはじめ番組レギュラー陣は、川島が出演していた『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合)の大ファンで、あこがれの朝ドラ俳優として川島に尊敬のまなざしを向ける。それに対して、俳優が本職である松坂へのアリタたちの反応は意外なもので……。

特集テーマは、テレビの規制。視聴者からさまざまな意見が寄せられる昨今、番組作りにおいてはコンプライアンスを意識した演出方法がとられる傾向にある。その反面、過剰な規制がテレビをつまらなくさせているという意見も。番組では、テレビでやっていいこと、悪いことの境界線はどこにあるのかを考えていく。

最初に取り上げるのは、バラエティで行われる罰ゲーム。いじめを助長するとして、視聴者からのクレームが寄せられる場合も多い。今回は、スタジオで実際に罰ゲームを受ける様子を見ながら、放送していい内容なのかを検証する。アリタは、マッサージ師に足裏のつぼを押されて激痛が走るという罰ゲーム“足つぼ”を川島に振る。すると、出口と吉川が、朝ドラ俳優の大事な体に何かあってはいけないと言って止める。代わりに、松坂が“足つぼ”を体験することになる。

罰ゲームをやりたい川島の思いをよそに、アリタたちはあくまで川島を俳優扱いする。芸人の本能を抑えつけられた川島は、欲求不満に。一方、松坂は、芸人のような扱いを淡々と受け入れる。さらに川島は、俳優としてのパフォーマンスを求められ……。

「THE 美食遺産」では、滝沢カレンが熱々のチーズを堪能できる絶品料理を紹介する。

<松坂桃李コメント>
――収録はいかがでしたか?

あっという間に時間が過ぎました。僕は2回目の出演で前回はガチガチになっていたんですけど、今回は変な緊張もなく、やらせていただけた気がします。面白い番組だけあって相変わらず、作りが凝っているなと思いました。それだけに出る側としてはプレッシャーもありますね。

――目の前で何が起こっても、表情を変えない松坂さんが印象的でした。

前回はかなり笑ってしまったので、今回は頑張って笑わないように耐えなければと思っていたんです。コメンテーターという立ち位置を貫いて、スッとした感じでいるようにと心がけていました。

――今回は、リアクション芸を披露する場面もありましたね。

芸人さんのリアクションを自分の中で思い返しながら、やってみました。ド素人の僕が勢いだけでやったので、ちゃんとできたかどうか、自分では分かりません(笑)。

――川島さんとの共演は、いかがでしたか?

その場その場で対応できる瞬発力がさすがだと思いました。あと、川島さんの低音ボイスがすぐ近くで聴けて、心地よかったです(笑)。

――最後に、今回の見どころを聞かせていただけますか?

川島さんがとにかく素晴らしいので、川島さんの動きにぜひ注目していただきたいです。僕はリアクション芸を体験しましたが、その評価は視聴者の皆さんにお任せします(笑)。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ