【ポケモンGO】台湾「新北サファリゾーン」開幕! 現場はこんな感じで盛り上がっております!!



やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 色違いザングースは捕れたかな? お兄さんはザングース600匹捕まえたけど、結局色違いは0匹でフィニッシュさ。どうやらお兄さんの活動エリアでは色違いザングースが実装されていなかったみたいだね!! シクシク。

それはさておき、本日2019年10月3日、台湾で『新北サファリゾーン』が開始となった。お兄さんも現場までやって来てるんだけど、それはそれは大盛り上がり! さっそく現地からレポートいたします!!

・誰でも参加可能
10月3日から6日まで、4日間に渡り開催される新北サファリゾーン。先月カナダはモントリオールで開催されたサファリゾーンに続くグローバルイベントで、最大の特徴は「申込制ではない」ということ。つまり、現場にさえ行けば誰でも参加できる、というワケだ。

日本から近いこともあり、会場の「新北大都会公園」には多くの日本人トレーナーも詰めかけている。また、お兄さんが宿泊している西門という街では前日の夜、とんでもない数のルアーモジュールが咲き乱れていたことを記述しておきたい。みんな、テンション上がってんなー!

・祭りが始まった
さて「新北大都会公園」はとんでもなく広大な公園である。元々ポケストップおよびジムの数はかなりのもので、また密度も低くない。それに加えてイベント用のポケストップも配置されているので、まさに会場は “フィーバー” 状態だ。

そのフィーバーの中心にいるのが、地域限定ポケモンのヘラクロス、そして激レアポケモンのアンノーンである。アンノーンは「A」「F」「R」「N」「E」「I」「P」「S」……などなど、かなり多くの種類が出現中だ。

さらには予測通り「色違いナゾノクサ」もこのタイミングで実装されている。その他、ヤンヤンマなどの色違いを求めつつ、ヘラクロスとアンノーンを狩りまくる、それが新北サファリゾーンの正しい楽しみ方なのだろう。また、ツタージャ・ミジュマル・ポカブなど、イッシュ地方の御三家がちょいちょい出現しているのも地味に嬉しい。

・色違いの確率は?
気になる色違いポケモンの確率についてはハッキリと断言できないが、普段よりは高い……気がする。とはいえ、お兄さんは横浜で2つしか色違いをゲットできなかったから、後はその人の運次第……ということになるのだろう。

とにもかくにも、大勢のトレーナーたちが騒がず黙々とポケモンGOをプレイする姿は、異様かつ情熱的で最高だ。日本でもナゾノクサがそれなりに湧くハズだから、どこにいようと全力でポケモンGOを楽しもう。それではトレーナー諸君の健闘を祈る! サイチェン!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ