子どもの残りご飯にはある「罠」が…!? 慎重に食べなければならない理由とは【うちの家族、個性の塊です Vol.11】

食事のとき、子どもが食べきれない料理をどうしていますか?

残すのはもったいない…でも自分の口に入れるのも限界がある…。

そんな時わが家では、パパに食べてもらうのがお決まりです。

■子どもたちの残り物に、パパはビクビク

しかし、気まぐれな子どもたち。
パパが残り物を食べ終わった後に

娘「あぁ~、やっぱり食べようと思っていたのに」夫「今食べ終わったんですけど…。もうちょっと早く言ってよ!」
息子「きーさんのごはんがぁぁぁ~!」夫「ちょ、食べてって言ったじゃん、これは罠なのか!?」
「やっぱり食べたかった」と言われ、泣かれてしまうことがあります。

胃に入ってしまったので、どうすることもできないパパは、困り果ててしまいます。

おかげでパパは、残り物を食べるときはいつも、食べ進めながらビクビクしています。

夫(大丈夫か?食べて大丈夫か?「やっぱりいるから!」って言わないか? もう遊びはじめたし、大丈夫よね?)
そして、ある日…

■子どもの「あげる」は油断ならない
家族でファミレスに外食に行ったときのこと。

この日、お子様ランチのふりかけご飯を残してしまった息子。いつものように「パパあげる~」と、残したご飯をパパにあげました。

息子「パパにあげるぅ~」夫「本当に?食べていい?」
息子の残したご飯を、おそるおそる食べ始めたパパ。

ドキドキしながら食べる夫…
一口二口と進めていくと…

息子「ごはん、たべるぅ~」夫「あっぶねぇ~、一口残しててよかったぁ」
息子はいきなり「ふりかけごはん、たべるぅ~」と、やっぱり食べる発言。

息子の様子を見ながら、ゆっくり食べ進めていたパパは、一口分ご飯を残していました。

間一髪のところで、息子にご飯を返すことができました。

「あげる」と言われたその言葉を素直に信じると、後から大変な目に合う。子どもたちのご飯を食べるときも、気が抜けないパパなのでした。

(SAKURA)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ