リハビリ施設に入所のメタリカのジェイムズへ、トニー・アイオミがエールを送る

Billboard JAPAN

2019/10/3 11:30



メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドが依存症の治療を受けるために、メタリカのオーストラリアとニュージーランド・ツアーが延期になることが先週発表された。これをうけて、ブラック・サバスのトニー・アイオミが、リハビリ施設に入所する友人のジェイムズへSNSを通じてメッセージを発信している(https://twitter.com/tonyiommi/status/1179152775894179840)。

数十年前に撮影されたと思われるジェイムズとの2ショットを投稿したトニーは、「ジェイムズの最善を願っている」と前置きし、「君は助けを求めるという正しい行動をした―君のことを想っている、友よ。そして君が無事に回復することを祈っている。近々、最高の状態で戻ってきてくれるのを楽しみにしている。君の友トニー」とエールを送っている。

メタリカは、「もうほとんどの人が知っていると思うが、俺たちのブラザー、ジェイムズは何年間も断続的に依存症と戦ってきた。残念ながら彼は、再び依存症から回復するために、またリハビリ・プログラムを受けなければならない」というメッセージとともに、ツアーの延期をファンへ伝えていた。

今のところ延期となっているのは年内の公演のみで、来年予定されているチャリティ・コンサートや南アメリカのツアーは、予定通り開催されるようだ。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ