TKO木下、9月19日でSNSの更新が止まる 最後の投稿“ドローン動画”に疑いの声も

頻繁に更新されていたTKO木下隆行のSNSが、9月19日を最後にストップしている。その数日後、一部週刊誌が木下による事務所の後輩芸人への暴行行為について報じたのだ。以降、複数の週刊誌がこの件について続報を伝えているほか、やはり同じ事務所の後輩・安田大サーカスクロちゃんの頭を踏みつけたパワハラ疑惑が報じられるなど、木下は窮地に立たされている。

9月下旬の記事によると、昨年5月に結婚したよゐこの濱口優を後輩芸人らが祝おうと幹事の木下隆行が会費4000円を集め、六本木のレストランでパーティーを開いた。しかし濱口は「別でお祝いをもらっているのに、稼いでない後輩に払わせるのは心苦しい」と、当日のパーティーにかかった費用を彼が全額支払ったそうだ。それを聞いた後輩芸人は会費が返金されると思ったが、木下は「集めたお金で濱口夫妻にヘリコプターでのナイトクルージングをプレゼントしよう」と言い出す。だがそれから半年たっても、濱口夫妻にプレゼントされた様子は無かった。そこで同年12月末に開かれた事務所のライブで、後輩を代表しオジンオズボーンの篠宮暁が会費の返金について問いただすと木下は激高。楽屋で篠宮の顔めがけてペットボトルを投げつけ、「これで許したるわ」と言い放ち帰っていったという。ペットボトルが当たった篠宮の左目は、かなり腫れ上がったらしい。

10月に入ると、各週刊誌がこの暴行行為について木下に直撃インタビューした模様が伝えられている。それによると暴行行為は認めたものの、ナイトクルージングについては濱口夫妻のスケジュールが合わず「最終的にドローン買ったんですよ」と答え、着服などしていないと話しているそうだ。

しかし更新が止まっている『木下隆行 tko.kinoshita Instagram』の最後の投稿が、許可を受けた無人島で木下自身がドローンを操縦して撮った動画のため、疑いの目が向けられているようだ。ツイッター上では「ドローン自分の? 濱口さん夫婦のプレゼントかと思った」「これが噂のドローンか」「後輩の金巻き上げて買ったドローンかあ」など辛辣なコメントが見受けられる。先の篠宮への暴行行為については当事者間で和解済みと伝えられているが、ドローンは間違いなく濱口の手に渡っているのか。木下への疑惑を晴らすためにも、真実を彼の口から聞きたいものである。

画像は『木下隆行 2019年9月19日付Instagram「hahaha #ドローン #無人島」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ