大韓航空、クラーク・南京・張家界・杭州に就航 冬スケジュールに

Traicy

2019/10/3 11:26

大韓航空(ボーイング737-900ER型機)大韓航空は、ソウル/仁川~クラーク・南京・張家界・杭州に4路線に、冬スケジュールより就航する。

10月27日より、クラーク線を1日1便と南京線を週4便、10月28日より、張家界線を週3便と杭州線を週2便運航する。クラーク・南京・杭州線はエアバスA330-300型機、張家界線はボーイング737-900ER型機を使用する。南京戦は11月29日まではボーイング737-800型機で運航する。

大韓航空では、アテネ・アンマン・カイロ・オークランドへチャーター便を運航するなど、需要に応じて新路線を開設するとしている。

■ダイヤKE635 ソウル/仁川(07:55)~クラーク(11:05)

KE636 クラーク(13:10)~ソウル/仁川(18:10)

KE157 ソウル/仁川(10:40)~南京(12:10)/月・水・金・日

KE158 南京(13:15)~ソウル/仁川(16:45)/月・水・金・日

KE163 ソウル/仁川(19:20)~張家界(22:20)/月・水・土

KE164 張家界(23:30)~ソウル/仁川(03:40+1)/月・水・土

KE159 ソウル/仁川(12:15)~杭州(13:30)/月・金

KE160 杭州(14:40)~ソウル/仁川(18:00)/月・金

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ