タイミングを逃す人必見! 好きな彼と連絡先を交換するコツ




勇気が出なくて声をかけられず、結局チャンスを逃してしまうというパターンが続いていませんか。好きな人と連絡先を上手く交換するために、前もって自然な流れをイメージしておきましょう。

好きな彼と連絡先を交換するコツ

1. 情報交換のためを前提にする

連絡先を聞く時は、サラっと自然体でいたいもの。でも、気になっている相手だと緊張しますよね。それに真剣過ぎる顔で迫られたら相手も驚きます。そんな時は、あくまで「役立つ情報を教え合うため」ということを前提にしておく事がポイント。
例えば、コンパで出会った相手なら「また飲み会があったら誘うから」と思えばリラックスして聞けますし、相手も教えやすくなるでしょう。

2. 「そういえば」とついでを装う

同僚や趣味の仲間など定期的に会っている相手の場合、一度聞くタイミングを逃すとずっと切り出せないままになってしまいますよね。そんな時は、別の人と連絡を取っている話をしながら「そういえば、○○君の連絡先は知らなかった! ついでに教えて」と、気軽に聞く方法が自然です。
知っていて当たり前なのに知らなかった、という雰囲気にすれば相手も当然のように教えてくれるでしょう。

3. スマートフォンの話題から続ける



電話代やアプリのことなら、誰とでも盛り上がれる共通の話題ですよね。
どこのプランがお得、何の機種が良いなどという話なら男性も得意なジャンルです。頑張らなくても男性のほうからどんどん教えてくれることも多いので会話もスムーズでしょう。そんな話題が盛り上がったら「それについて相談するかもしれないからLINE教えて」など、そのまま自然に聞くことができるでしょう。

4. 公開しているSNSの話題をする

あまり親しくない彼だけど連絡先が聞きたいというパターンもありますよね。そんな時は、「○○に詳しいですよね! ブログやってないんですか」と聞いてみたり、「その話題を聞きたいからフォローしますよ」と皆に公開しているものがないか最初に聞きましょう。
とくに専門職で働いていたり趣味がある男性は何かしら公開するものを持っています。その話題ついでに連絡先を聞けば不自然になりません。

5. 最終手段はこちらから教える

例えば、好きだった同僚さんが異動になってしまうなど、連絡先を聞くチャンスをのんびり待っていられないという場合もあります。これを逃したらもう会えないなど、当たって砕けろという状況なら、自分から連絡先をメモに書いて渡すというのも一つの方法です。
男性にとっても、連絡先を渡してくれる女性に悪い気はしません。勇気を出して頑張れば後悔しないですよね!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ