埼玉県立学校教諭が高校生にみだらな行為 「真面目な勤務態度だった」

しらべぇ

2019/10/3 08:40

(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
埼玉県の教諭の不祥事が止まらない。このほど、特別支援学校の教諭の犯罪が発覚。しらべぇ取材班は、学校、教育委員会、警察から、詳しく話を聞いた。

■豊島区のホテルの客室で…


神奈川県警磯子署は2日午前9時11分に、埼玉県川越市寺尾に住む埼玉県立川島ひばりが丘特別支援学校の教諭の男(31)を、被疑者宅にて通常逮捕した。

容疑は、2018年12月24日午前10時47分ごろから、同日午後2時19分ごろまでの間、東京都豊島区所在のホテルの客室内において、横浜市磯子区居住の女子高校生(当時16)に、みだらな行為をしたもの。

警察によると、男と女子高校生はSNS上で知り合ったといい、調べに対して容疑を認めているという。


関連記事:借金まみれの小学校教諭が現金窃盗 県は「全力で不祥事防止に取り組む」

■小学部の教諭


特別支援学校の校長は、しらべぇ編集部の取材に対して、

「教諭は小学部の担当していた。当校は、二学期制を取っており、先月30日から2日まで、秋休みの最中だった。勤務態度もまじめで、職員一同信じられないと驚いている。児童の心のケアに、全力を尽くしたい」


と述べた。

■校長と連携を取り


今週も先週と同じ担当者を取材することになった。埼玉県教育委員会の県立学校人事課は、

「県教委としては現在事実を確認中。県全体で不祥事防止に取り組む中、このような不祥事が起きたことは、誠に遺憾であり、深くお詫び申し上げる」


とコメントした上で、児童の心のケアについては、校長の要望を全面的にバックアップすると話した。

■懲りない教諭


過去にはこんな事例も起きている。

2017年5月に強制わいせつで愛知県警に逮捕された同県知立市立小の臨時講師。この男は、もともと埼玉県内の小学校教諭をしており、4年前にも児童ポルノ画像をメールで送って神奈川県警に逮捕され、停職6ヶ月の懲戒処分を受けていた。

愛知県教委によると、一般的に教員を採用する際は、以前勤務していた学校に人物照会などをするそうだが、この男は埼玉県で教師をしていたという過去を隠して応募し、当然ながら懲戒処分を受けた事実も、履歴書に記していなかった。

さらに、依願退職後には名前を改名していたという。

教師の性犯罪率は、一般の15倍というデータもある。こんな危ない環境に、子供たちを通わせて良いのかという、根本的な疑問が出てくるほどの異常事態と言えそうだ。

・合わせて読みたい→青森の小学校教諭が教え子にわいせつ行為 「ありふれた日常」との声も

(文/しらべぇ編集部・おのっち

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ