キスマイ玉森、仕事に恋愛に“グラグラ”『グランメゾン東京』配信版で主演


木村拓哉が主演を務めるTBS日曜劇場『グランメゾン東京』(10月20日スタート、毎週日曜21:00~)の配信版オリジナルストーリー『グラグラメゾン・東京 ~平古祥平の揺れる思い~』が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で独占配信されることが決定した。毎週日曜、地上波ドラマ放送後の深夜に配信される。また、TVerではダイジェスト版が配信される。

木村演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹は、料理に人生をかけ、パリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

Paraviオリジナルストーリー『グラグラメゾン・東京 ~平古祥平の揺れる思い~』で主演を務めるのは、フランスで尾花の弟子として働いていた平古祥平(ひらこ・しょうへい)を演じる玉森裕太(Kis-My-Ft2)。『グランメゾン東京』が “大人の青春”をかけたヒューマンストーリーであるのに対し、『グラグラメゾン・東京』は、平古祥平という一人の若い料理人が、仕事に、恋愛に “グラグラ”揺れ動く“若者の甘酸っぱい青春”物語だ。

一流ホテルのブッフェレストランの料理長として働く平古は、料理人として作りたい料理が作れず、ままならない思いを抱えている。葛藤する中で思い出すのは、3年前にフランスで尾花の弟子として働いていた時のこと・・・。そんな平古の胸中を描いていく。そして、平古の気持ちをさらに“グラグラ”させるのが、朝倉あき演じる彼の婚約者・蛯名美優(えびな・みゆ)と吉谷彩子が演じるパティシエ・松井萌絵(まつい・もえ)。美優との出会い、萌絵と心を通わせていく様子、そして両極端な性格の2人の女性の間で翻弄されていく平古の姿は見ものだ。

さらに、『グランメゾン東京』で描かれたシーンに至った平古の心情や言動が『グラグラメゾン・東京』で描かれるなど、『グランメゾン東京』とリンクさせたストーリー展開も。『グランメゾン東京』で“大人の青春”を楽しんだ後、同日深夜には同じドラマの世界観の『グラグラメゾン・東京』で新たな一面を味わうことができ、物語をより一層楽しめる。

■玉森裕太コメント

初めてこの Paravi で配信される『グラグラメゾン・東京』の台本を読んだときは、とにかく「面白い!」と思いました。『グランメゾン東京』本編では映っていない平古祥平の“料理人としての思い”や家の中での恋人との会話などが、この配信ではたくさん出てくるので、より“平古祥平”という人物を見ることができると思います。僕自身も、「祥平はこの間にこんなことを考えていたのか」と思ったシーンもたくさんあります。
しかし、実際に演じるとなると難しいと感じる一面もあります。この作品にはコメディの要素もありますが、『グランメゾン東京』の平古のキャラクターとかけ離れ過ぎないように、それを意識しながら演技しています。毎回、監督と相談しながら撮影に臨んでいます。
また、『グラグラメゾン・東京』を観ると「平古祥平は本当に“料理が好きなのだな”」と仕事への熱量も感じられると思います。仕事にも情熱的だからこそ、仕事に打ち込んでいる女性が気になり、恋人との間で心が揺れてしまう。男はそういう時に心が“グラグラ”してしまうものだと思うので、祥平の気持ちはよく分かります。この配信を見て、さらに本編も見て、色々な想像を膨らませながら、楽しんで頂ければと思います。ぜひご覧ください!

(C)TBS

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ