ユナイテッド航空、プレミア会員向けに「プラスポイント」導入 アップグレードよりしやすく

Traicy

2019/10/3 08:17

ユナイテッド航空、ユナイテッド・プレミアムプラスユナイテッド航空、マイレージプラスのプレミア会員向けにアップグレード特典「プラスポイント」を、12月4日に導入する。

プレミア・プラチナとプレミア・1K会員に提供している、一部地域のみで利用できるリージョナル・プレミア・アップグレード(RPU)と、世界中どの路線でも利用できるグローバル・プレミア・アップグレード(GPU)を共通化するもの。

会員はユナイテッド航空のウェブサイトやアプリで「プラスポイント」を、すべてのフライトのアップグレードに利用できる。これにより、プレミア・プラチナ会員はビジネスクラスへのアップグレードに十分なポイントを獲得でき、プレミア1K会員はエコノミークラスの割引運賃からビジネスクラスへのアップグレードも可能となる。

1RPUは20プラスポイント、1GPUは40ポイントに換算される。アメリカ国内線でエコノミークラスからユナイテッド・ファーストへのアップグレードは、従来の1RPUと同様に20プラスポイント、長距離国際線でエコノミークラスからユナイテッド・ポラリス・ビジネスクラスへのアップグレードは、従来の1GPUと同様の40プラスポイントが必要となる。

エコノミークラスからユナイテッド・プレミアムプラスへ、ユナイテッド・プレミアムプラスからユナイテッド・ポラリス・ビジネスクラスへのアップグレードは、現在の1GPUより低く設定する。

アップグレード対象運賃も拡大するほか、複数便のアップグレードリクエストとも同時に行う事ができるようになる。また、アップグレードが確定するまで、アカウントからポイントは引き落とされない。プレミア・1K会員は追加のポイントを支払うことで、一部の長距離国際線で、アップグレード可能な運賃クラスに空きがない場合でも、アップグレードを確定することができる。

「プラスポイント」の導入後も、従来のコンプリメンタリー・プレミア・アップグレード特典は引き続き提供する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ