新海誠監督『天気の子』、公開75日で動員1000万人、興収130億円を突破


2019年7月19日(金)に全国359館448スクリーンにて公開開始となった、新海誠監督の最新作『天気の子』。公開されるやいなや、大きな話題となり、公開から34日間で興行収入100億円を突破した本作だが、公開から75日間で観客動員1000万人、興行収入130億円を突破した。

■初日7月19日(金)~10月1日(火)までの75日間
観客動員:10,021,244人
興行収入:13,358,193,200円

『君の名は。』に続き、2作品連続で1000万人突破を達成した『天気の子』は、140の国と地域での配給が決定。米アカデミー賞の日本代表にも選出され、さらに超異例のインド公開も10月11日に控えている。各詳細は公式サイトにて。

(C)2019「天気の子」製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ