長続きするカップルはここが違う! すぐ別れるカップルとの違いとは?

カナウ

2019/10/3 07:30


長続きするカップルはここが違う! すぐ別れるカップルとの違いとは?

長続きするカップルとすぐ別れるカップルには違いがあります。
今回は、長続きするカップルとすぐ別れるカップルの4つの違いについてご紹介します。

長続きするカップルと、すぐ別れるカップルとの違い1 依存度


「彼女がいないと生きていけない」「彼の態度がちょっとそっけないだけで不安になる」など、依存度が高いカップルはすぐに別れてしまいがちです。

一見、依存しあっているカップルほどお互いのことを必要に思っているのだから別れるのが難しそうに思えます。

ですが、依存カップルが依存しあっているのは、「自分が寂しいから」「自分に欠乏感があるから」であって、相手のことを本当に愛しているからではありません。そのため、次の依存先が見つかったり、ちょっと不安に感じたりしたらすぐに関係は壊れてしまうのです。

逆に、お互いがきちんと自立しているカップルは長続きします。自立しているカップルは、恋人と一緒にいない時間も楽しんでいます。

「ひとりでいる時間も楽しい、ふたりでいる時間も幸せ」というスタンスのカップルは長続きし、「ひとりでいると不安、ふたりでいる時間だけ幸せを感じる」というカップルは関係が不安定ですぐに別れてしまいがちです。

長続きするカップルと、すぐ別れるカップルとの違い2 感謝の表し方


長続きするカップルは、付き合いが長くなってきても、感謝の気持ちを忘れません。「お店予約してくれてありがとう」「美味しい料理を作ってくれてありがとう」など、感謝を言葉で伝えます。

逆に、「何も言わなくても分かってくれるだろう」と、言葉によるコミュニケーションをおろそかにするカップルにはすれ違いが生じ、別れに至ってしまいがちです。

長続きするカップルと、すぐ別れるカップルとの違い3 正直さ・自己開示


長続きするカップルはお互いに正直で誠実です。浮気なんてもちろんしませんし、嫌なことがあったら嫌だと伝えます。

一方、相手を平気で裏切ったり、隠し事が極端に多かったりするカップルは長続きしません。

長続きするカップルと、すぐ別れるカップルとの違い4 思いやり


恋人としての付き合いが長くなると、親しいが故に思いやりを忘れてしまいがちです。関係が長くなっても、自分の意見や気持ちを一方的に押し付けず、思いやりを持てるカップルは長続きします。

一方、「彼女(彼氏)なんだから俺(私)の言うことを聞いてくれて当たり前」と相手の気持ちを考えられなくなったカップルは遅かれ早かれ別れてしまいます。

さいごに


今回は、長続きするカップルとすぐ別れるカップルの4つの違いについて解説してきました。関係を長続きさせたいなら、「親しき仲にも礼儀あり」です。相手を思いやり、感謝を言葉にして伝えるなど、しっかりコミュニケーションをとりましょう。

今来 今/ライター

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ