加藤浩次、ネット対策は「ま~ったくしてない!」


お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次がMCを務めるテレビ朝日系バラエティ番組『加藤浩次とどん底どっこいしょ』が、5日(23:45~24:35)に放送される。

どん底から「どっこいしょ!」とはい上がってきた人たちの“人生逆転物語”を通して、どん底から脱出する術を学びながら、人生に迷える人々の背中を押していく同番組。

今回は、今年8月に常磐道で発生したあおり運転事件で、加害者の車に同乗していた“ガラケー女性”だとネットでデマを拡散されてしまった女性、スマホを失くしただけなのに100万円を請求されてしまった男性の“どん底どっこいしょ劇”を紹介する。

収録後、取材に応じた加藤は「僕はネット対策をま~ったくしてない! しいて言えば、見ないことですね。ネットニュースは見ますけど、個人がSNSで発信している投稿は見ないです」と告白。

一方で、被害者が記者会見や訴訟に踏み切った過程に感銘を受けたようで、「僕ももし家族がデマ被害に遭ったら、立ち上がるでしょうね。ただ、自分1人だけの被害だったら分からない。『面倒くせぇ。どうせ鎮火するだろう』と思って、じっとしているかもしれないです。そう考えると、彼女の行動は勇気がいることですよね。“不特定多数の人間”対“1人”という状況で、彼女のように対処した場合、もっと誹謗中傷されるんじゃないか…という不安もあると思うんですけど、そこを覚悟の上でやるなんて…」と感心した。

また、「今回紹介したお2人のケースを見て思ったのは『世の中捨てたもんじゃないよ』ってこと。『自分がしっかり生きていれば誰かが助けてくれる』と思って、腐ったり諦めたりせず、一生懸命頑張れば絶対に“どっこいしょ”できる!」とし、「僕自身もいろんな問題に直面しても『これ以上下がることはないだろう』って開き直るよう、心がけているんですよ。そう思えれば、後は上がるしかないですから。この番組を通して、それを皆さんに伝えられたらいいな、と思ってます」と期待を示す。

その上で、「ぜひ今後も定期的に放送していきたいです」と意欲をみせ、「生きていれば、つらいことってあるじゃないですか。そういうときにこの番組を見て『あっ、そうか。こうやって上手くいった人もいるんだ!』って、気持ちを軽くしていただけたら、うれしいです」と笑顔を見せていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ