片思い中に試したい! 相手に意識してもらうための簡単テク3つ




どんなに片思いをしていても、相手に気づいてもらえなければ関係の進展は期待できません。でも、いったいどのようにすれば彼に意識してもらうことができるのでしょうか?
今回はその方法について男性たちのリアルな声も交えつつ、話を展開していくことにします。それではさっそく確認してみることにしましょう。けっきょく、“ベタ”が一番なのかも。

(1)ハートマークをつかう



LINEのやり取りをしていて、ハートマークがついてくると好意があるのかもしれないとひとりでドキドキしてしまいます」(30歳/営業/男性)

▽ これだけ“女性が用いるハートマークにはそれほど意味がないことが多い”という情報が出回っているにもかかわらず、やはり男性の多くは「ハートマークは特別なものに違いない」との思いを捨てずにいるらしいのです。
加えて、女性らしさやかわいらしさをアピールすることもできるので使わない手はないかと思います。

(2)彼のコンプレックスを褒める

「自分ではコンプレックスに思っていたことを、今の彼女は認めて褒めてくれたんです。そこが好きだとも言ってくれました。それまではただの友だちだったんですが、それで完全に落ちましたね」(34歳/SE/男性)

▽ あえて彼のコンプレックスに目を向ける作戦です。ひとは誰でも、一歩外に出れば“ついカッコつけてしまう”部分が強くなります。気合いを入れて頑張っているところなので、カッコつけているところを褒められるのはもちろんうれしいのですが、それがたまにつらく感じることもあります。
そう考えると、ダメなところを褒めてもらえるというのはかなりうれしいことなのだと思います。

(3)女性らしい気配りを忘れずに

「細やかな気配りって女性らしくていいですよね。男にはない部分を見せられると、ドキッとしますし、意識するようになります」(29歳/建築/男性)

▽ 女性らしさを感じさせるには、“ふんわりと大きい優しさ”を見せることがベター。あとは「余計なお世話をやく、お節介なひと」というレッテルを貼られないように注意しつつ立ち振る舞うことができれば完璧です。

積極的な行動がカギとなる

男性というのは、女性とは違い“察することが苦手”であることが多いです。遠回しに好意をアピールしたところで、本当に、全くと言っていいほどこちらの好意には気づかないのです。
ですから、好意をアピールするときにはできる限り積極的に! 少々やり過ぎかなと思うほど露骨に気持ちを示すことで、きっとそれまでの関係から脱し、ふたりの関係性の進展を感じることができるはずです。
自分の気持ちをさらけ出すのは恥ずかしいと思うかもしれませんが、「彼にも意識してほしい」「あわよくば、そのまま好きになって告白してくれたら最高!」と思うなら、彼からのモーションをただ待つだけでなく、自分からどんどんアクションを起こしてみることをおすすめします。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ