アンジェリーナ・ジョリーが子どもたちと降臨 『マレフィセント2』ワールドプレミア

クランクイン!

2019/10/2 19:45

 10月18日に日米同時公開される映画『マレフィセント2』のワールドプレミアが、日本時間10月1日に開催され、アンジェリーナ・ジョリーやエル・ファニング、サム・ライリー、ミシェル・ファイファーら豪華キャストが登場した。

マレフィセントのツノやオーロラ姫の衣裳に身を包んだ大勢のファンや、世界中の報道陣が集まった今回のプレミアイベント。

エルは、オーロラ姫のルーツである“森”をイメージしたようなグリーンのかわいらしい印象のドレスを身にまとい登場。「前作を撮影した時は14歳で、今では21歳になったの。長い時間が経ち私も大きく成長したし、新しい経験もしたわ。アンジェリーナとの関係も変化し、前には話せなかったことも今は話せるようになり、一緒にワインも飲めるのよ。彼女は本当に憧れの女性だわ」と語り、「私は続編の出演も初めてだし、同じ役を再び演じることも初めてなの。前作に続いてオーロラ姫が大人の女性に成長していく姿を演じられたのは素敵な経験だったわ。オーロラ姫が誇り高い女性になっていく姿を見せたかったの」と語った。

一方、マレフィセントを象徴するような美しい漆黒のドレスを身にまとってアンジェリーナがレッドカーペットに登場すると、会場の熱気は一気に最高潮に。アンジェリーナは5人の子どもたちと一緒に写真撮影にも応じた。

アンジーはエルやサムら共演者と特別な絆で結ばれているそうで、「私達はクレイジーな大家族なの。サムとはセンチメンタルな気持ちになって、2人で泣いてしまったわ。それに役柄のせいか分からないけれど、エルを本当に愛しているの。特別な家族のような関係よ」とコメント。

さらに仮装したファンを見て「子供や大人がキャラクターの仮装をして楽しんでいるのを見ると絆を感じるわ。マレフィセントの衣裳を着た人を見ると、ワイルドで少し邪悪な心を共有できる気がするの」と喜びを語った。

なお、アンジェリーナとサムは、10月3日に開催するジャパンプレミアイベントへの登壇が予定されている。

映画『マレフィセント2』は10月18日より日米同時公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ