高畑充希の洗顔方法に共感の声 「同じ考え方の人がいたなんて」

しらべぇ

2019/10/2 20:00




女優の高畑充希が、1日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。「両手で顔を洗えない」と話し、視聴者から共感の声があがっている。

■18歳の頃に「あんた、変やで」


「私ってちょっとおかしいのかもと思ったこと」というトークテーマで、「私、両手で顔を洗えない」と話す高畑。明石家さんまが「ウソや!?」と驚くと、左手は休ませた状態で、右手のみで洗顔をしていると説明した。

自分の洗顔の仕方がおかしいかもしれないと気づいたのは、18歳の頃。「あんた、変やで。気づいてないかもしれへんけど。片手で顔洗ってんで」と親に言われたのだという。


関連記事:堺正章、高畑充希の肩抱いてセクハラか 「性的嫌がらせ」「気持ち悪い」と非難殺到

■両手で顔を洗うのが嫌な理由


高畑は洗顔方法が変だと言われたため、2ヶ月ほど両手で顔を洗うことにトライ。しかし、結局は挫折してしまったそうだ。

はっきりと理由はわからないのだが、水が腕を伝ってくるのが嫌だからではないかと自ら分析。そのため、お風呂場で顔を洗うときは気にならないと話した。

■視聴者は共感「同じ考えだ」


今回の放送を受け、高畑の洗顔方法に共感する声が続出。ツイッターでは、「水が垂れるの嫌なのわかる」「同じ考えの人がいてたなんで」といったコメントが書き込まれている。







スタジオでは、全く共感する人がいなかった高畑の洗顔方法。しかし、視聴者の中には、同じような考え方で、片手で洗顔をしている人も少なくなかったようだ。

・合わせて読みたい→高畑充希、横顔写真の“撮影者”が話題  「撮るの上手」「ステキやん」

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ