元欅坂46今泉佑唯主演でSHISHAMOの新曲「またね」を短編映画化 サントリー“なっちゃん”の青春ラブストーリーを描く

SPICE

2019/10/2 19:40


​SHISHAMOの新曲「またね」とサントリー“なっちゃん”がコラボレーションした短編映画が10月2日(水)にYouTubeで公開された。


『なっちゃん』は、サントリー食品インターナショナル株式会社をスポンサーに、元・欅坂46の今泉佑唯を主演に迎えて製作された短編映画。『脱脱脱脱17』の松本花奈氏の監督・脚本により、SHISHAMOの新曲「またね」を映像化したもの。翌月に転校を控えた、高校2年生の“なっちゃん”が、幼馴染みのたっくん、美大生のあかりさんと繰り広げる青春ラブストーリーを描く。








短編『またね』には、主人公のなっちゃんを演じた今泉のほか、たっくん役で青木柚、あかりさん役で大野いとが出演。今泉は、「誰もが青春時代に経験したような、『なっちゃん』のように甘酸っぱい気持ちを感じる素敵な仕上がりになっています」などとコメントしている。




大野いと
大野いと

今泉、モチーフとなった「またね」のSHISHAMOメンバーによるコメント全文は以下のとおり。

今泉佑唯


2019年の夏に、松本監督をはじめキャスト、スタッフの皆さんと一緒に作りあげた、とても思い出に残っている作品です!誰もが青春時代に経験したような、「なっちゃん」のように甘酸っぱい気持ちを感じる素敵な仕上がりになっています。ぜひ皆さんも、自分の青春時代のことを思い出しながら観て、楽しんでいただけると嬉しいです。

SHISHAMO 宮崎朝子(Gt.Vo)


またねという曲の主人公が持つ不器用さを、なっちゃんが演じてくれていたのが嬉しかったです。鈍感すぎるたっくんに私は若干イラつきながらも、なっちゃんはきっとそんなところも好きなんだろうなあと感じました。また、曲の中では、主人公は相手に対して自分の気持ちを言えずに終わってしまっているので、なっちゃんが最後にちゃんと想いを伝えられていて良かったです。福岡に行ったなっちゃんがステキな恋をできること祈ってます。

SHISHAMO 松岡彩(Ba)


なっちゃんの恋心ゆえについ冷たくしてしまったり、逆にちょっとのことで喜んでしまったりするところと、その感情が顔に出てしまうところが恋に一直線な女の子という印象を受け、そんな一生懸命恋してるなっちゃんが可愛いかったです。引越しのことやたっくんの恋心に色々考えてウジウジしても、ちゃんと最後は素直に気持ちを伝えられたなっちゃんに胸が熱くなりました。そして青春や甘酸っぱさを感じるシーンに自分の学生時代を思い出しどこか懐かしい気持ちにもなれる素敵な短編映画でした。

SHISHAMO 吉川美冴貴(Dr)


なっちゃん、たっくん、あかりさん、3人とも、それぞれ抱いている想いが一見交わりそうで、でも決して交わらないところが歯がゆくて、とても切なかったです。嫉妬したり、期待して喜んだり、かと思えば上手くいかなくて泣いてしまったり、自分自身のために勇気を出したり……。なっちゃんの不器用だけど全力で恋をしている姿は、とてもキラキラしていました。まるで青春をぎゅっと濃縮したような素敵な作品でした。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ