「亀田の柿の種」の柿の種とピーナッツのベストバランスを決める「国民投票」開始

AbemaTIMES

2019/10/2 16:55



 亀田製菓が「亀田の柿の種」の、柿の種とピーナッツの配合比率を決定するための消費者による投票を1日に開始した。

発売開始から53年の歴史を持つという同商品は、長らく柿の種とピーナッツの比率が「6:4」(重量比)で販売されており、2013年にも1度消費者による投票が行われ、その際は「7:3」の比率が1位となったが、2位の「5:5」、3位の「6:4」と僅差だったため、割合の変更は行わなかったそうだ。


 亀田製菓の担当者は「もともと比率に関してお客様のご要望の声が多数寄せられていた。ロングセラー商品も変えないと、衰退してしまうため実施することになった」と、投票に至った経緯を明かしており、今回の結果次第では割合の変更を検討するとしている。

「当たり前を疑え!国民投票」と題した今回のキャンペーンは10月1日から11月27日の期間で開催され、TwitterやLINEなどのSNSやキャンペーン専用ハガキ、市販のハガキで投票が可能。柿の種とピーナッツの比率が「10:0」、「9:1」など11の選択肢のなかから1つを選んで投票する。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ