東証1部企業の冬ボーナスは平均74万7,808円 - 前年比0.1%減


労務行政研究所は10月2日、「東証第1部上場企業の2019年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」の結果を発表。東証1部上場企業212社の冬ボーナスの平均は74万7,808円となり、前年同期比で0.1%減とマイナスに転じた。

産業別に見ると、製造業は同0.6%減、非製造業は同1.8%増と分かれた。同時期(各年9月)集計で見た過去4年の増減幅は、16年1.1%増→17年0.1%減→18年3.9%増→19年0.1%減で、17年以来2年ぶりのマイナスとなった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ