アクセス国際ネットワーク、GDSの提供終了 2021年3月末で

Traicy

2019/10/2 15:54

アクセス国際ネットワークアクセス国際ネットワークは、2021年3月末をもって営業を終了すると発表した。他のGDSとの提携も検討したものの、将来的に事業継続は困難であると判断したという。

国際線航空券の予約・発券システム「AXESS」などのサービスは、営業終了まで提供を予定しているものの、機能やプロダクトごとの終了時期は別途案内する。2021年4月以降の日本航空(JAL)国内線の取り扱いは、JALが予約端末の提供を引き続き予定している。

JALとトラベルポートは、JALの完全子会社であるアクセス国際ネットワークと、トラベルポートの完全子会社であるトラベルポートジャパンの株式を保有する合弁会社を設立することに3月に合意。9月には断念すると発表していた。

JALはきょう10月2日、アマデウスと戦略的パートナーシップを締結し、日本国内の旅行会社に、アマデウスのGDSシステム「Amadeus Selling Platform Connect(アマデウス セリング プラットフォーム コネクト)の国際線予約での利用を推奨するとしていた。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ