第1子誕生の小池徹平、ホラー現場で子供の動画「ずっと見てます」


俳優の小池徹平が2日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『リカ』(5日スタート、毎週土曜23:40~ ※全8話)の制作発表会見に登場した。

このドラマは、五十嵐貴久の『リカ』シリーズが原作。常軌を逸した女・リカ(高岡早紀)が「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」と乙女のような純粋さを持ちながら、愛を求め恐るべき犯罪を遂行し、周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化する。小池が演じるのは、第1部でリカのターゲットとなるのは、外科医・大矢昌史だ。

高岡が“永遠の28歳の純愛モンスター”という役どころを演じることにかけて、会見では登壇者が「自分は○○モンスター」と紹介する企画を展開。第2部でリカのターゲットとなる映画製作プロデューサー・本間隆雄役の大谷亮平は「姪っ子モンスター」と答え、「何か新しいことができるたびに(姉から)動画が送られてくるんで、かわいくてかわいくてたまらないです。ねだってきたら全部買うように決めてます」とメロメロぶりを明かした。

これを受け、先月に第1子が誕生したばかり小池も「僕も現場でずっと(子供の)動画とか見てます」と笑顔。高岡は「私も見せていただいてます(笑)。かわいいの!」と話し、「この作品は何かに癒やされないとやっていけない」と、ホラー・サスペンス作品を演じる中での助けになっているようだ。

大谷は「台本を読んでて、初めて頭が痛くなりました」と、ストーリーの恐ろしさにを訴え、高岡も「分かる! 読み進めるの難しいよね」と同意していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ