高岡早紀、“永遠の28歳”役は「何回言っても恥ずかしい」


女優の高岡早紀が2日、都内のホテルで行われた東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『リカ』(5日スタート、毎週土曜23:40~ ※全8話)の制作発表会見に登場した。

このドラマは、五十嵐貴久の『リカ』シリーズが原作。常軌を逸した女・リカ(高岡)が「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」と乙女のような純粋さを持ちながら、愛を求め恐るべき犯罪を遂行し、周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化する。

“永遠の28歳の純愛モンスター”という役どころを演じる高岡は「私の役柄は何回言っても恥ずかしいです(笑)」と苦笑い。

「28歳という年齢詐称するというような役もらったのは初めてですし、『28歳の役です』とオファーを頂いたので、うーん…これはどのようなことになるのか想像ができなかったし、純愛モンスターというのも今までにない役。私がリカを演じることでどのような役との化学反応が起きるか想像もつかなかったので、役を自分の中に入れるまで時間がかかり、いろいろ悩みました」というが、「今までにない高岡早紀を見せることができたら」と思いを抱いたそうだ。

実は、クランクイン前にオファーを断ることも考えていたことも告白。「こういうホラー・サスペンスでリカを演じるのは、私自身がおかしなことになるんじゃないかなと想像していたんです。狂気に満ちているので、現場で暗くストイックになって、変なわがままを言ってしまうんじゃないかなと思ってお断りしようかと思ったんですけど、全然そんなこともなく、私意外と大人だったんだなと気がついたり(笑)。とにかく現場は明るく楽しく、その切り替えが上手にできるからこそ、いい作品につながってると思います」と自信を示した。

会見には、第2部でリカのターゲットとなる映画製作プロデューサー・本間隆雄役の大谷亮平も出席。高岡と初共演の大谷は、事前に台本を読んでリカの恐ろしさから、高岡との初対面の際に顔が見られなかったそうで、「笑顔にも全て裏があるような気がして、勝手にビビってました(笑)」と振り返っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ