GoProが360°カメラに切り替え可能な「Max」とモジュールで機能を拡張できる「HERO 8 Black」を10月25日発売へ

ガジェット通信

2019/10/2 14:15



GoProは10月1日、アクションカメラ新製品「GoPro MAX」と「GoPro HERO 8 Black」を発表。10月25日に発売します。





GoPro MAXは、前面と背面のデュアルレンズを搭載したアクションカメラ。通常の「GoPro HERO」シリーズと同等の撮影モードに加えて360°撮影モードに対応しました。背面のディスプレイを見ながらの自撮りにも対応。手ブレ補正のMax HyperSmooth機能とカメラ内の水平ロック機能により、ジンバル要らずで安定した滑らかな映像を撮影できます。長時間移動しながらタイムラプス映像を撮影するハイパーラプス撮影機能のTimeWarpでは、360°モードとHEROモードの両方でハイパーラプス撮影。HEROモードでは動き、シーン検出、光量に応じて速度が自動で調整されます。6つのマイクを搭載し、360°オーディオの録音に対応。カメラの正面または背後の音声を任意で優先する指向性オーディオ機能にも対応します。撮影画質は 5.6K30の360 度ビデオ、1440p60 および 1080p60のHEROビデオ、5.5MPのHERO写真、6.2MPのPowerPano(パノラマ)写真。本体はハウジングなしで水深5mまでの防水対応です。国内正規販売価格は6万7000円(税込み)。



GoPro HERO 8 Blackは、HEROシリーズの新モデル。手ブレ補正は水平ロック機能を搭載したHyperSmooth 2.0に進化し、すべての解像度とフレームレートで使用可能。ハイパーラプス撮影は自動レート調整とタップコントロールによる速度変化ができるTimeWarp 2.0に進化しています。撮影画質は4K60+1080p240ビデオ、8倍スローモーションの超高フレーム レート1080p240ビデオ、夜間でも4K、2.7K 4:3、1440pまたは1080pで撮影できるナイトラプスビデオ、12MP写真。本体はハウジングなしで水深10mまでの防水対応。国内正規販売価格は5万5880円(税込み)。



底面には折りたたみ式のマウントを搭載。フレームが要らず、軽量な状態でマウントに装着可能。







「モジュラー」と呼ばれる別売りのモジュールによる機能拡張に対応します。「メディアモジュラー」は指向性オーディオの録音ができるショットガンマイクモジュール。USB Type-C、HDMI、3.5mm外部マイクアダプターポートに加えて、追加アクセサリー用に2つのコールドシューマウントを搭載します。「ディスプレイモジュラー」は、メディアモジュラーの上部に取り付けられる折りたたみ式の1.90インチディスプレイ。撮影時の確認用ディスプレイとして使用します。「ライトモジュラー」は、10m防水でギアマウントが可能なライトモジュール。撮影時に照明をやわらかくするディフューザーが付属します。モジュラーの国内発売日程は未定です。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ