1000円弱は1000円より多い?少ない?

OTONA SALONE

2019/10/2 11:30



「日本語の言い回しに、時々頭がこんがらがる」そんな経験ありませんか?言い回しに対する捉え方が間違っていたりすると、互いに相違が生じて混乱が起きてしまう、なんてことも。

そこで本記事では、こんがらがりやすい言い回しについてクイズを出題します。

「1000円弱」って1000円より多い?少ない?

「1000円弱です」と言われたとき、あなたはどのくらいの金額を思い浮かべますか?

1000円「弱」なのだから、「1050円くらいかなー」と考える人も多いのではないでしょうか。一方で、「弱」なのだから「950円くらいかなー」と考える人もいることでしょう。

多い?少ない?正解は…



「1000円より少ない」が正解です!

ある数字に対してそれよりも少ないことを「○○弱」、それよりも多いことを「○○強」と表します。

今回の問題であれば「1050円くらいかなー」と考えた場合には、その表記は「1000円強(1000円よりも多い)」となります。

「○○弱」「○○強」に明確な範囲はありませんが、1000円であれば900円~999円を「1000円弱」、1001円~1200円程度を「1000円強」と、±100~200円程度で表現する人が多いはずです。

ちなみに、本記事で”ある数字に対してそれよりも少ないことを「○○弱」、それよりも多いことを「○○強」”と書きましたが、「1000円」という言葉に以下の表現を加えたとき、「1000円を含む表現」はどれだか分かりますか?
  • より多い
  • より少ない
  • 以上
  • 以下
  • 未満

この中で「1000円を含む表現」は「以上」と「以下」の2つです。「より~」と「未満」は1000円を含みません。「弱」「強」の表現よりは簡単だったかもしれません。上記5つの表現に「弱」「強」も加えて、まとめて覚えてしまいましょう!

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ