蛯原友里「CanCam知りませんでした」 意外な過去の話に久本雅美ら驚き!?

※画像は、『メレンゲの気持ち』公式Facebook より

 

9月28日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に「エビちゃん」ことモデルの蛯原友里が登場。モデル初期の頃の意外な話や、3歳になる息子の母親としての生活を語り、MC陣も驚いたり感心したりしていた。

 

蛯原「雑誌『CanCam』を全然知りませんでした」

 

雑誌「CanCam」でモデルデビューを果たした蛯原だが、当時の意外な話を披露する。「宮崎出身で、大学は福岡だったんですけど、その頃にバイト感覚でモデルを始めたんです。その時の先輩に『エビ、東京へ行ってみなよ』って言われて、挑戦してみたい気持ちになったんですね」と振り返った後「東京で事務所に入ったあとマネージャーから『CanCam』の編集部に顔見せに行くって話になって……」と語る。

 

ここでMCの久本から「『CanCam』って自分にとって憧れの雑誌だったわけでしょ?」と聞かれるも蛯原は「当時私『CanCam』って全然知らなかったんですよ」と答え、皆びっくり。「田舎育ちで周りは都会的なOLさんとかも全然いなくて……」と話すと久本は「皆ほっかむりにもんぺみたいな感じで?」と冗談で聞くが蛯原は「中学校の頃もんぺ着てました」とまさかの返答をし、久本も「マジかよ!?」と驚いていた。

 

そして蛯原は、3歳になる息子との家族生活を紹介。「(息子は)自分で色んな事ができると思ってて、自分で走って行ったりとか、やっと手が離れると思ったら危なっかしくて見てられなかったりしますね」と話す蛯原。そしてMCのHey! Say! JUMP伊野尾慧が「ママ友同士の付き合いもあるんですか?」と聞くと蛯原は肯定したうえで「スクールの友達とか、習い事の友達とかが多くて、常に一緒にいますね」と話し、一同深くうなづく。

 

伊野尾がさらに「『エビちゃんだ!』みたいな感じはあるんですか?」と聞くと蛯原は「私結構自分から話しかけるタイプで、すぐ友達になれるんですよ」と答え皆「へー」と感心。久本は「気取ってないから接しやすいんだよね」と蛯原を評していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ