中居正広、「独学で自分の世界観を表現した」ある男性の自宅にドン引き

※画像は、『新・日本男児と中居』公式Twitterのスクリーンショット

 

9月27日放送の『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)で、中居正広が「独学でDIYを学び、2か月かけて自宅に自分の世界観を表現した」という山田哲也さん(34歳)のこだわりぶりにドン引きする場面があった。

 

「雰囲気いい」と評価するも機能性に難色

 

山田さんが「僕の部屋のコンセプトは『ブルックリンのアトリエを感じて』です」と話すと中居は「なんか……タイトル?部屋にタイトルがあるんだよね」と戸惑い気味。「ブルックリンって古い倉庫を改築した住居が多いんですよ。古いレンガや天井むき出しとかに現代っぽい家具も合わせて」と説明する山田さんに「俺センス全くないんだよなぁ。ゼロ!僕はこういうセンスが」と中居。ここで後呂有紗アナウンサーが「お部屋のインテリアとかはどういう感じ?」と質問すると中居は「シンプル!観葉植物とか間接照明とかってやったことない。すんげぇおっきい家なのに!」と暴露した。

 

続いて「築50年の一軒家をリノベーションした」という山田さんの自宅をVTRで紹介。訪問したスタッフが「天井がめちゃめちゃ高くないですか?」と聞くと山田さんは「元々普通の和室の天井を自分でぶち抜いた」と答える。これに中居は「でも雰囲気良かったですね。屋根(天井)をぶち抜いちゃう感じとかね」と感想を述べて「あれ寒くない?」と質問。

 

山田さんは「めちゃくちゃ寒いです。冬は暖房つけても追いつかなくて。断熱とか全然入ってないんで」と答え、「夏は?」と聞く中居に「めっちゃ暑いです。ベッドだと汗だくになるんで床に寝て。エアコンが直で当たるところが床なんで」とぶっちゃける。中居が「それちょっとブルックリンに反してない?」と苦笑するも山田さんは「逆にブルックリンだなぁって思って」とサラリ。

 

さらに中居は「台風とか?」と尋ね、「本当ヤバくてほとんど寝れてない。音がすごいうるさくて」と話す山田さんに「屋根も薄いからすっげぇ音するんだ」と納得。山田さんが「ちょっと雨が強いってだけでテレビとか聞こえないくらいの感じ」と話すと中居は「それはイヤ」とドン引きしていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ