キスマイ北山宏光、“今泉佑唯ワールド”に感心しきり!「人生楽しそう」

テレビドガッチ

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演するドラマパラビ『ミリオンジョー』(テレビ東京系、10月9日スタート、毎週水曜25:35~)の記者会見が10月1日、都内で行われ、北山をはじめ、萩原聖人、今泉佑唯、深水元基、永野、監督の榊英雄が登壇した。

本作は、原作・十口了至、漫画・市丸いろはによるコミックサスペンス。主人公の呉井聡市(北山)は、国民的大ヒット漫画「ミリオンジョー」の編集を担当する、やる気のない二流編集者だったが、ある日突然、作者の真加田恒夫が急死。呉井は「ミリオンジョー」を未完のまま終わらすことはできないと、チーフアシスタントの寺師良太(萩原)と共に、真加田が残した“創作ノート”を頼りに連載の継続を試みる。

北山は撮影中、体重を3~4kg落としたといい、「追い込まれる役だったので、見た目でも説得力がないとなぁって。夜ご飯をコンビニの某サラダの某チキンにかえる夜を過ごしていました」と振り返り、「あれは湯煎すると一番うまいってことに行き着いた」とお茶目に語った。

撮影は、今夏1か月半に渡って行われた。北山は「暑さがすごくて。立っているだけで手から汗が垂れてくるくらい。でも、それに何も言わないスタッフさんのプロ精神を見せつけられた」と語り、萩原も「暑さしか印象に残っていない」と同調。今泉は「永野さんがすごく笑わせてくださる」と続けると、永野は「嬉しい~。ふだん笑ってもらえないんで」と話して会場を沸かせた。

撮影現場では、今泉と永野によるコラボ曲が誕生したそうで、会見でも2人は手を上下左右に動かしながら「トマト~、ポテトだよ~」とテンポよく歌唱。一見、永野がリードしているかのようだが、実は主導権を握っているのは今泉だといい、北山は「これがいきなり生まれるんです。10曲くらいある」と、独特な今泉ワールドに感心しきりだった。

作品にちなみ、今までの“ピンチ”について聞かれた永野は、サウナで転倒し、腰を強打した話を披露。「このイラつきを佐藤という役に込めようと思ってやっていました。痛み、悲しみ、悔しさ、20年売れなかった怒り、俳優さんたちへの劣等感とかを込めて。自分で言うのもあれですけど、ものすごい芝居をしています」と熱弁。北山も「すごく真面目で、印象が変わりました」と尊敬の眼差しを向けると、永野は「今度公開される『ジョーカー』くらいの芝居。ホアキン(・フェニックス)と対談したい。おもしろいアドリブを期待して呼んでくださった部分もあると思うけど、そういう期待を全部裏切った」と明かし、萩原も「永野としてのおもしろさはゼロ。永野ファンはがっかりですよ」と話して笑わせた。

一方の今泉は「お金を持っていないのにタクシーに乗ってしまった」という“ピンチ”を告白。目的地に着いてから財布がないことに気づき、自宅に戻ってもらったという。「あなたがドジなだけ」といった言葉が飛ぶ中、今泉はさらに「財布をその日、そもそも持っていなくて」と明かすと、「ど、ど、ど、どういうこと!?」と北山。対する今泉が「なんか、忘れてたんですよ!」と声を大にすると、北山は「すごいムキになったんだけど~っ!」とすぐさま共演者に助けを求めるなど、チームワークの良さをのぞかせた。

また、“なりかわれるとしたら、誰になりたい?”という問いに、北山は「僕は今泉さんになりたいかも。嫌なことなさそう。ずっと鼻歌とかを歌って、財布を忘れるっていう。人生楽しそうですね」と優しく目を細める。その今泉は「永野さんになってみたい!」と、とびきりの笑顔を見せていた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ