母と義母がほぼ同時にがんに 痛切告白に「涙が出てきました」

しらべぇ

2019/10/1 15:00

(TakakoWatanabe/amanaimagesRF/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
愛する家族が病気になるのはとても悲しいもの。だが、世の中には複数人の家族がほぼ同時に病気になってしまう場合もある。

ホリプロインターナショナル所属のタレント・DJであるDJ YURiA(以下、YURiA)のブログ記事が注目を集めている。

■ふたりの母がほぼ同時にがんに


この日、YURiAは「2人の母の癌」とのタイトルでブログを更新。「嘘のような、嘘だと思いたいけれど、本当の話です」と前置きしたうえで、実母と義母がほぼ同時期にがんになったことを明かす。

まず、実母にがんが見つかったと、YURiAのもとに連絡があったのは6月の始め頃。診断は「子宮頚がん」で、症状が表立って出ているため、「ある程度進んでいる状態」のようだ。


関連記事:酷い!義母に「母の日ギフト」を贈ったときにされた最悪言動

■実母は産後の手伝いで発見が遅れ…


発見が遅れた背景には、実母がYURiAの住む東京に出てきていたこともあるよう。じつはYURiAは今年4月18日に第一子を出産しており、その直後から実母は泊まり込みで手伝いに来てくれていたのだ。そのため、母を見て「少し疲れているのかな」と思う瞬間もあったものの、「家にこもりきりで慣れない環境のせい」だと思っていたという。

泣きじゃくって「ごめんね」しか言えなかったYURiAに、母は「あんたのせいじゃないからね。大丈夫だから」と泣きながら返答。「あんなに悲しい母の声を聞いたのは初めてでした」と語る。

■「神様はなんて意地悪なんだろう」


そんな矢先、夫から「俺のおかんにも癌が見つかった」との言葉が。診断は「子宮体がん」で、実母よりもステージが進行していたという。

身内に連続した不幸に、YURiAは「神様はなんて意地悪なんだろう」「自分自身のことなら耐えられるけど、大切な人達の苦しみはどうにもできず、すごく無力で、不甲斐なくて、もっともっと辛いです」と綴る。

しかし、一方で「娘がよく笑うように」なり、「たくさん元気をくれ」たことも明かす。そして夫の励ましもあり、「まずは目の前の子育てを一生懸命に。そして遠くからでも出来る小さなことを」と気持ちを切り替えたようだ。

■励ましの声が相次ぐ


なお、実母と義母は先日、ふたりとも退院。今後も治療は続くようだが、ひとまず前向きになれている様子なのは幸いだ。コメント欄では多くの励ましの声が相次いだ。

「今回、ふたりのお母様の記事を目にすることができて良かったです。人生は楽しいことばかりでも幸せなことばかりでもありません。辛いことや悲しいことがおとずれるのは当たり前で、、でもそのお陰で人生の素晴らしさを感じる事ができるのです。ふたりのお母様が癌になられて沢山の悲しい気持ち、苛立つ気持ち、、でも、それでも明るく強く過ごしてゆくユリアさんを見て、きっと読者の方は勇気をもらえます。だからこれからも、リアルな人生を見せていって下さい」


「読んでいて涙が出てきました。ご皆様が健康に過ごされますように」


「本当に検診は大事だと思います。私は必ず検診受けてます。お母様方と同世代です。家族のために私は受けています」


「ゆりあさんも、しっかり検診受けてくださいね。娘さんのため、ゆりあさんを大好きな人たちのためにも。私は今年の4月に親友を癌で亡くしました」


また、実母・義母ともにもともと元気な人で、それゆえ検診から遠ざかっていたことをYURiAが明かしたことを受け、「YURiAさんも検診受けてくださいね」とアドバイスする人の姿も確認できた。

がんと闘うは容易いことではない。ときに、長く辛い治療になることもある。YURiAのふたりの母が、無事、元気になってくれることを願いたいものだ。

・合わせて読みたい→がん検診結果の誤通知で女性が死亡 「問題が起きた理由」に非難殺到

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ