『めざましテレビ』ラグビー特集で「レポーターの抱えたモノ」が物議

しらべぇ

2019/10/1 13:30




9月20日より開催されたラグビーワールドカップ。多くの下馬評を覆して日本勢が強豪・アイルランドを破るなど、手に汗握るドラマが展開されている。

■日本でのラグビー


かつてはここ日本でも大きな人気を博したラグビー。しかし90年代以降はサッカーにお株を奪われてしまった感が強く、長らく人気が低迷していた。

しかし、自国でワールドカップが開催されるとなると話は別。これまで全く興味がなかった人々も実際に試合を観て、ラグビーの魅力に気づき始めたようだ。


関連記事:太田光、武井壮に背後タックル敢行で物議 理由は「日大だから」

■とんでもない間違い


『めざましテレビ』(フジテレビ系)ではラグビーの面白さを伝えるべく、放送内で特集を行なった。公式ツイッターでは放送のPRが写真付きで投稿されたが、ポーズを決めたレポーターが抱えているのはアメリカンフットボール用のボール。

ラグビーとアメフトは似ている要素が多いものの異なるスポーツのため、使用するボールにも違いが見られる。ラグビーでは白を基調とした大きめのボールが使われるが、『めざましテレビ』の投稿からは茶色をベースとしたアメフトボールが確認できた。

■その後の対応は…


現在、『めざましテレビ』の公式ツイッターは該当ツイートを削除。具体的な説明はないが、「ツイート内容に誤りがありました」「大変失礼致しました」という新たなツイートが投稿されている。



■処置の方法に疑問


ミスに気づいて早急にツイートを消した『めざましテレビ』。しかしネット上では対応法に疑問の声が上がっており…

「『誤りがありました』で済ませるのではなく、何が間違っていたかを表記すべきなのでは?」


「ラグビーとアメフトのボールの違いを知らなかった人も多かったろうに。ここでめざましが2つの違いを取り上げながら謝罪すれば、評価は違ってたかな」


「このツイートだと、どこにミスがあったかは全く説明されてないですよね…」


といったリプライが多数寄せられていた。間違いに気づいて謝罪することは大切だが、自分の間違いを周知する誠実さも重要なのだろう。

・合わせて読みたい→ラグビーワールドカップいよいよ明日開幕! ファンゾーンが横浜に登場

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ