日本初!天然水ドリップコーヒーが飲めるウォーターサーバー「FRECIOUS Slat+cafe」が新登場

Nicheee!

2019/9/30 17:00

1

宅配水サービスを展開する富士山の銘水とUCCグループはコーヒーの抽出機能を内蔵したウォーターサーバー「フレシャス・スラット+カフェ」を共同で開発。9月13日より申込受付を開始した。同日、都内にて報道陣向け記者会見が開催された。

2

「フレシャス・スラット+カフェ」は、富士山の標高1,000m地点の地下で採水した天然水と、UCC独自の一杯抽出システム「DRIP PODR」による日本初の“天然水ドリップコーヒー”が飲めるウォーターサーバーとして誕生。コンパクトな設計のため室内に設置しても場所を取らないのも魅力だ。

3

冒頭で挨拶を行う、富士山の銘水株式会社取締役業務本部長 小鹿大輔氏。同社製品を利用する顧客からコーヒーも飲めるウォーターサーバーを要望する声が多かったことから開発に至ったという。さらに「企画を進める際に縁あってUCCさんと巡りあうことができた。この上ない幸運なタイミングだった」と経緯を話した。

4

続いて、UCC上島珈琲株式会社取締役ドリップポッド事業担当 大内和夫氏が登壇「DRIP PODR」はコーヒーを一杯ずつ淹れられる当社が独自に開発したシステム。コーヒーだけでなく緑茶や紅茶も飲めるのが魅力。より多くのお客さまに楽しんでいただければ」と説明した。

5

続いてUCC上島珈琲株式会社マーケティング本部嗜好品開発部UCCブランドチーム チームマネージャー植田恵美氏によるレクチャーが開催。植田氏は同社でコーヒー鑑定士・コーヒーアドバイザーを務め、「DRIP PODR」のプロジェクトリーダーとして開発に参加。水の違いによるコーヒーの味わいの変化や美味しく淹れるコツなどが紹介された。
「豆がカプセルに密封されているので、新鮮なコーヒーをいつでも手軽に飲めるのが魅力。家庭でプロによるハンドドリップの味わいを体験して頂けるように、蒸らし、温度、抽出スピードに徹底してこだわった。フレシャス・スラット+カフェは軟水を使用しているので、まろやかでスッキリした味わいに仕上げることができた」と新製品の魅力を語った。

6

登壇者による発表後には「フレシャス・スラット+カフェ」のタッチ&トライが実施。パネル上部のボタンでドリンクの種類や湯量が簡単に調節できる。

7

カプセルを専用ホルダーにセット後、カップを設置。パネル上の水量目盛りを設定し、ドリンクボタンを長押し。直後に抽出が開始し、3回音が鳴ったらドリップが完了する。

8

カラーはブラックとホワイトの2色を展開。どんなインテリアにも調和しやすいシンプルなデザインも魅力だ。

9

試飲会ではどら焼きが提供。洋菓子と合わすことが多いイメージのコーヒーだが、まろやかなコクとほのかな苦味は和菓子にもマッチする。毎日のおやつタイムの参考にしたい。

10

UCCドリップポッドにはコーヒーだけでなく紅茶、緑茶なども用意。また専用ホルダー&フィルターを使えば好みの豆を使用することもできる。

日本初の“天然水ドリップコーヒー”が飲めるウォーターサーバーとして誕生した「フレシャス・スラット+カフェ」。ぜひ自宅で本格的なコーヒーを気軽に味わって、寛ぎの時間をより一層楽しんでみてはいかがだろうか?

当記事はNicheee!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ