レスキュー隊員の体をワニがガブリッ! 『クロール』悲劇の瞬間を捉えた本編解禁

クランクイン!

 サム・ライミが製作を手掛けるワニ・パニック映画『クロール ―凶暴領域―』より、本編映像が解禁。ヒロインたちを助けにきたレスキュー隊員が、一瞬のスキを突かれてワニの餌食になってしまう悲劇の瞬間を収めている。

本作は、映画『ドント・ブリーズ』を製作したサムがプロデュースし、『ピラニア3D』『ホーンズ 容疑者と告白の角』のアレクサンドル・アジャ監督がメガホンをとるサバイバル・スリラー。巨大ハリケーンと、水陸で人間に襲い掛かる獰猛なワニという最悪の組み合わせによる究極の極限状態からのサバイバルを描く。

大学競泳選手のヘイリー(カヤ・スコデラリオ)は、疎遠になっていた父(バリー・ペッパー)が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引きずり込まれ、右足に重傷を負ってしまう…。

解禁された本編映像は、レスキュー隊員が、最大級のハリケーンによって浸水した家に閉じ込められたヘイリーとその父を救助しに来た場面。レスキュー隊員は地下室に彼らがいることを確認するが、「下に2匹ワニがいる」と言われ、応援の隊員を呼び寄せるべくシーバーに話しかけるが応答なし。再度シーバーに話しかける一瞬の隙に、ぱっくりと大きく開いた口が彼の胴体をとらえてしまう瞬間が映し出されている。

本作で登場するワニは、最強の噛む力を持つアメリカ・アリゲーター。手足を引きちぎるために獲物を咥えたまま回転する“デスロール”という必殺技をもっており、これにかかったら逃走するのは不可能だ。この後レスキュー隊員はどうなってしまうのか、そんな恐ろしいワニたちに囲まれた父娘は果たして逃げ切ることができるのか。

プロデューサーのクレイグ・フローレスは「誰も見たことがない、天災と危険動物の組み合わせ。自然の摂理にそった内容にしたかった」と本作を作る上でのポイントを語っている。

映画『クロール ―凶暴領域―』は10月11日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ