松井玲奈ら、事件のカギを握る人物に 月9『シャーロック』初回ゲスト出演

クランクイン!

2019/9/26 06:00

 俳優のディーン・フジオカが主演を務める10月7日放送スタートの月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話に、女優の松井玲奈、俳優の淵上泰史、木下ほうか、平泉成がゲスト出演することが発表された。いずれも医師転落死事件のカギを握る人物を演じる。

本作は、アーサー・コナン・ドイルの傑作古典ミステリー小説『シャーロック・ホームズ』シリーズを原作に、令和の東京を舞台にスリリングかつ痛快なテイストで映像化したミステリーエンターテインメント。ディーンが原作でのホームズにあたる主人公・誉獅子雄役で月9初主演を務めるほか、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が相棒のワトソンにあたる若宮潤一を演じる。

第1話で描かれるのは、獅子雄と若宮の出会い。そのきっかけとなったのが、都内のある病院の中庭で消化器内科医の赤羽栄光(中尾明慶)が遺体となって発見された事件だ。

松井が演じるのは、事件現場の病院で働く看護師・水野麻里で、赤羽の遺体の第一発見者。周囲を振り回すような発言をするが、その本性を獅子雄に見抜かれてしまう。

淵上は、事件の重要なピースを握るジャーナリスト・郡司貴生、木下は事件現場の病院の警備員で遺体の発見者の一人となった石井太にふんする。また、赤羽の知られざる過去につながる人物として、平泉が赤羽の医大生時代の担当教授・今井茂樹を演じる。

月9ドラマ『シャーロック』は、フジテレビ系にて10月7日より毎週月曜21時放送(初回30分拡大)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ