神田沙也加、『アナと雪の女王』のアナ役で「人生変わった」

クランクイン!

 歌手で女優の神田沙也加が25日、都内で「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」の結果発表イベントに山寺宏一、ダチョウ倶楽部とともに出席。笑いまじりのトークを展開し、ディズニー作品への愛を語った。

本イベントは、ディズニーの公式エンターテイメントサービス「ディズニーデラックス」で視聴可能なディズニー、ピクサー、スター・ウォーズマーベルの長編190作品を対象。約9万件のオンライン投票から、ファンに最も愛されているディズニー作品を選出した。

山寺は、お気に入りの作品を問われて「やはり『アラジン』『美女と野獣』『シュガー・ラッシュ』、それから『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などなど声で出演させて頂いているので、軒並み投票させて頂いた」と明かした。中でも「イチオシは『アラジン』。今年、実写版も公開されて非常にたくさんの人に見て頂いた。アニメーション版の『アラジン』は、僕にとってターニングポイントとなった作品。これがやっぱり一番」と語った。

これまで数々のディズニー作品で声優をつとめてきたことにも言及し、「たくさんの数をやらせて頂いて、声優の方たちには『ズルい、ズルい』と言われてきた。本当に幸せなこと」と感慨深げに言った。

大ヒット映画『アナと雪の女王』でアナを演じた神田は、「小さい頃からどのディズニーのアニメーションも見させて頂いてきた。ミュージカルが自然に自分の血の中に息づいたきっかけ」とディズニー愛を吐露。「人生が変わったという意味で『アナと雪の女王』に投票しました」と述べた。

『アナと雪の女王』が総合第5位に入ったことが分かるや「10位以内に入れただけで嬉しい」とニコリ。「私は『リトル・マーメイド』も大好き。(『アナ雪』へ出演する)前は『パート・オブ・ユア・ワールド』をずっと歌っていた」と話した。

また、ダチョウ倶楽部の肥後が「『アナ雪』が大好き。だから沙也加ちゃんと一緒に出られて本当に光栄」と話すと、寺門は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を引き合いに「ダチョウ倶楽部もフォースでつながっていますから。熱湯で押すときも『どうぞどうぞ』のときも、フォースの気持ちで『だいたいこのへんだ』と分かる。普通の人間は分からないですから。おでんもフォースでつながっていますから」と“解説”した。

総合ランキングのトップ3を、ドミノ倒しの演出で発表する際には、最初のドミノを倒す大役を上島が担うことに。上島が「山寺さんや神田さんでしょ…」渋ると、出席者全員でダチョウ倶楽部の「どうぞ、どうぞ」で共演。山寺は「『どうぞどうぞ』に参加できて嬉しい」と言うと、神田も「私もです…!」と賛同した。

ドミノは、上島が「押すなよ、絶対に押すなよ!」のギャグで押される形でスタート。ドミノの雪崩の中から3作品のビジュアルが登場。第1位が『アラジン』(1992)、第2位が『美女と野獣』(1991)、第3位が『リトル・マーメイド』であることが明らかに。出演作がトップ3に複数入った山寺は、ジニーなどの声を発して喜びを表現した。

「Disney DELUXE 作品愛アワード2019 Supported by JCB」最終結果
第1位:アラジン(1992)
第2位:美女と野獣(1991)
第3位:リトル・マーメイド
第4位:塔の上のラプンツェル
第5位:アナと雪の女王
第6位:リメンバー・ミー
第7位:アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー
第8位:トイ・ストーリー3
第9位:美女と野獣(2017)
第10位:ディセンダント

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ