ハリポタ大好き女子が、イギリスに行って聖地巡礼してきた

fumumu

2019/9/25 16:00


ハリポタスタジオ

世界中で愛されている物語『ハリーポッターシリーズ』。夢中になって小説を読み、映画を観たという人も多いのでは。

fumumu編集部記者もその1人。この夏、イギリスに行って実際のハリポタの聖地巡礼をしてきました!

■キングクロス駅9と4/3番線


ハリポタファンならここ! 主人公・ハリーが魔法学校・ホグワーツに行く電車に乗るプラットフォームです。

映画では、カートごと壁にハリーたちが突っ込んでいく場面が印象的ですよね。出発のプラットフォーム9~11番線の改札手前、右側の壁に壁に半分突っ込んでいるカートが!

9と4/3番線

ここで貸し出しのマフラーと杖をつけて記念撮影することができます。マフラーは選べますし、杖も好きなものが使えます。係の人が風にマフラーがなびいているかのように撮影のお手伝いをしてくれます。この方の技術がスゴイ! 安心して任せましょう。

まるで自分がホグワーツ魔法学校の生徒になったみたい! いい写真を撮るために事前にInstagramなどで自分がやりたいポーズを確認しておくと良いと思います。大人気なスポットなので、長時間の順番待ちをする覚悟で。

自分のカメラで写真を撮ることができますが、係の人が撮ってくれた写真を隣にあるハリポタショップで購入することができます。ハリポタショップに並ぶグッズも魅力的! お財布のひもが緩みまくることに注意しましょう…。


関連記事:台湾は「台北」だけじゃもったいない! 「台中」インスタ映え巡り

■『漏れ鍋』の入り口


映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のロケ地となったロンドン最古の屋根付き商店街「レドンホールマーケット」。その中に映画でも登場したパブ『漏れ鍋』の入り口となった青い建物があります。

漏れ鍋

この建物、実はメガネ屋さん。マーケットの道は似ているので、目をこらしながら青い建物を探しましょう! ドアの前に立って記念撮影を撮るべし! 『漏れ鍋』の入り口だけではありません!

マーケット

マーケットのアーチの下は実際ハリーとハグリットが歩いた場所。ここに来てまた映画を見返すとまた違った興奮が味わえます。

マーケットの建物の作りは厳かで、多くのパブやチーズ屋さんなどがたくさんあります。ハリポタロケ地のついでにパブで一杯飲んで楽しんじゃいましょう!

■ミレニアム・ブリッジ


ミレニアム・ブリッジ

ハリー・ポッター映画・最終章『ハリー・ポッターと死の秘宝』でハリーの宿敵・ヴォルデモートの手下であるデス・イーターによって破壊される橋。

実際に歩いてみると、思ったより頑丈ではなく…「これはすぐに破壊されるわ!」と納得。橋からの景色も美しいですが、地面を見るとところどころにこのようなイラストが…。

ミレニアムブリッジ1

前を向いても下を向いても楽しめる橋・ミレニアム・ブリッジ。目の前にはセントポール大聖堂の大きなドームが浮かび上がり、橋を渡れば「テート・モダン」という20世紀以降の現代アートが堪能できる美術館があります。

ハリポタの世界観を堪能しながら、アートや文化へ導いてくれるワクワクするブリッジです!

■少し遠出でオックスフォード


ロンドンから電車で1時間。古くから名が知られている大学町・オックスフォードへ!

ここには、ハリーが通う学校・ホグワーツの食堂のモデルとなったクライストチャーチやロケ現場となった図書室などがあります。写真は食堂のモデルとなったクライストチャーチ。ああ、あの場面の!となる人もいるはず。ハリポタファンにはたまりません!

クライストチャーチ

オックスフォードは個人でもツアーでも行くことができます。今回はツアーで行き、半日いましたがハリポタの聖地を全て周ることができなかった…。本気でとことんハリポタの世界に浸るのなら午前中から夕方まで必要だと思います。

ちなみにクライストチャーチの食堂は、現在勉強している大学生が利用しています。お昼は開放されていないので時間は確認していきましょう!

アリスショップ

ハリポタだけではありません! あのかわいい『不思議の国のアリス』が生まれた場所でもあるオックスフォード。

クライストチャーチの近くにはアリスショップがあり、トートバッグ、ポーチ、マグネット、ポストカードなど…かわいいものが大好きな女子は爆買い間違いなし!

ハリポタの世界を味わったら、次は不思議の国に迷いこむことができます。

■ワーナー・ブラザーズ・スタジオ


グリンゴッツ

さて、ハリポタの世界に戻って…。ハリポタファンならそのスタジオのセットに興奮するはず!

ハリー・ポッターの映画7作全ての撮影に使われた、リーブステン映画スタジオが2012年から公開され、実際に使用されたセットや衣装を見て歩くことができます。

あのシーンで使われた衣装やセットが目の前に。実際に箒に乗ったり、「アップ!」と言ったら箒が自分の手元に上がってくるプチ・アトラクションがあったり…。いつも見ている映画のセットが目の前に。シャッターを押す手が止まりません!

スタジオハリポタ

まるで魔法にかかったような演出に感動すること間違いなし! チケットはすぐに予約いっぱいになっているので、早めに申し込むのが良いと思います。時間は3時間あれば十分に回ることができると思います。

食事や写真を撮るのに十分な時間を取りたい方は、もっと滞在時間を多めにみておいたほうが良いかもしれません。

■番外編・舞台とミナリマ


ロンドンは『オペラ座の怪人』など多くの舞台が上演されています。その中でも注目を集めているのが、ハリーたちのその後と子どもたちを描いた舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』という舞台!

舞台

上演される舞台を観劇することも可能です。他の劇場とは一味違った外観。観劇しなくても、外観を見るだけでもテンションがあがります!

ミナリマ

近くにはハリポタ・ファンタビシリーズすべてのアートワークを手掛けるデザイナー・ミナさんとリマさんのギャラリー兼ショップ『ハウスオブミナリマ』があります。

よく目を凝らしてこのレッドワイン色の小さなお店を探してみてください。立ち寄って、ここにしかないポスターなどのグッズをゲットできます。ショップの外観もかわいい!

ハリポタ大好き女子が回ったハリポタ聖地。どこの場所に行ってもワクワクが止まりませんでした! ぜひ、皆さんも今後の旅行に行くときに参考にしていただければ幸いです。

・合わせて読みたい→えっ! 私のせい…クサいと思ったら自分が原因だった3つの悲惨な体験談

(文/fumumu編集部・吉田あやの)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ