結婚してもアイドル継続 でんぱ組.inc古川未鈴の決意は“恋愛禁止の掟”に波紋を呼ぶか?

アイドルグループでんぱ組.incの古川未鈴が9月18日、都内・Zepp DiverCityで行われたライブのアンコール前に自ら結婚することを発表、SNSでもお相手の漫画家・麻生周一氏と連名により報告した。そのなかで「今後とも引き続き、でんぱ組.incおよび古川未鈴の応援を何卒よろしくお願いいたします」とグループでの活動継続を宣言している。OGの最上もがは古川から事前に連絡があったことを明かし、「きいたときはめちゃくちゃびっくりして、『引退するの!?』てきいたら『引退しない!』て言ってくれて安心したと同時に、そんなアイドル、かっこいいなって思いました。めでたい」とツイート。ファンの多くは結婚してもアイドルを続けるという彼女の気持ちを前向きに受け止めているようだ。

結婚発表から一夜明けた19日、古川未鈴は自身のTwitterで「色んな思いがあると思います それでもファンのみなさんに、1番に言いたいと思ってたので言えてよかったです」「会場で発表した時 すごい歓声が上がったの本当に忘れない、本当にありがとうございます!」とツイートした。

ハロプロやAKB48グループをはじめ女性アイドルは“恋愛禁止”という暗黙のルールがあるとされ、結婚となれば一般的に恋愛の進展によるもので、古川未鈴の決断はそれには反すると言えるだろう。

2017年6月17日にNMB48の須藤凜々花が、第9回AKB48選抜総選挙開票イベントのスピーチで突然「私、NMB48須藤凜々花は結婚します」と発表したことが思い浮かぶ。須藤凜々花の結婚宣言については彼女のファンばかりか世間から批判的な声が多く、理由はいろいろあるのだろうが彼女は8月30日にNMB48を卒業した。

古川未鈴も「色んな思いがあると思います それでもファンのみなさんに、1番に言いたいと思ってた」と振り返るように、結婚とアイドル継続が持つ意味を悩み考え抜いて話したことが分かる。

彼女の投稿には、フォロワーから「色んな思いは置いといて、やっぱり推しの幸せは嬉しいものです! しかもライブで発表するなんて! お互いに信頼関係がないとできないんじゃないかと…」など好意的な声が寄せられた。

一方で「結婚は好きにしたらいいだろうが、アイドルに彼氏がいたらファンが悲しむ人がいるというのを分かっているのを承知でやっていたなら罪なことだ。ファンに対する誠意が感じられない」と思うのも無理はない。

アイドルの結婚と言えば、NegiccoのNao☆が今年の2月25日に公式サイトでロックバンド空想委員会のベーシスト・岡田典之と結婚することを発表して話題になった。

その際も「15歳から始めたNegiccoの活動。人生の半分を過ぎた自分の節目の年は精一杯Negiccoの活動に専念させていただき、31歳でまた新しい一つのスタートをきりたいと思いました」という彼女に、ファンから多くの祝福が寄せられていた。

Nao☆に続き、古川未鈴が結婚発表とアイドル継続を宣言したことは“恋愛禁止の掟”に一石を投じたと言えるだろう。

ただ2人の場合はアイドル活動が長く、一般的には恋愛経験があっても不思議ではない大人である。彼女たちの頑張りを知るファンほどその決意を前向きに受け止めることができるのではないか。

アイドル活動の積み重ねによりお互いの信頼関係を築いていればファンも納得するだろうが、そこに至らぬうちから“恋愛禁止の掟”を無視すればファンは離れるかもしれない。

またNao☆や古川未鈴が発表したのは結婚という人生における節目であり、もし「彼氏ができました」と明かしながらアイドルを続けると宣言すればどうなっただろう。やはり、安易にアイドルの恋愛解禁とはいかないようだ。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ