マツコの”成功するマネージャー論”が炸裂 「いかに自分の人生を捧げるか」

しらべぇ

2019/9/22 11:00




21日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では代々木のマネージャー専門学校と中継。マツコ・デラックスが、スターを育て上げたい若者たちにマネージャー論を語る。

■オフィス北野インターンに助言


オフィス北野にインターン中の男性を深堀りする場面があった。マツコが「グイグイ行ける?」と問いかけると、素直に「いけないです」と答える男性。これにマツコが大喜び。

「できないことはできないと言えるのはいい子よね。やれると言われて、やれないケースが意外と多くてね。発注する側としては困るんですよ」


インターン先では、ガダルカナル・タカなどのお世話をする日々だという。先輩のマネージャーがタレントさんが次に起こす行動を察知して動くのを見て、自分もできるようになるのかと悩む男性。マツコがそんな彼にアドバイス。

「そこをそんなに気にしちゃダメよ。タレントさんの身の回りの世話をうまくできるか気にしてたらダメ。怒られながらやり過ごせばいい。あなたたちが目標にしなくちゃいけないのはその先だからね。


身の回りのお世話をしているマネージャーは、マネージャーとは言わないの。仕事の話に密に入ってきている人をマネージャーとスタッフは見なすので。早くそこに辿り着けるようにお勉強することが第一。


身の回りの世話を全部できるようになるのが最終目標じゃないんだから。タレントの言うことなんて全部聞いてやる必要ないのよ」


関連記事:橋本マナミ、遅刻したマネージャーに暴言 「愛人」の素顔に賛否

■先輩からの指示が一番


マネージャーにはマネージャーの仕事がある。タレントの身の回りの世話はあくまでも、タレントの仕事の補助でしかない。マネージャーだからこその仕事は何かを考えて、それを率先して動く必要があると説くマツコ。だが、ふと思いついたように言葉を続ける。

「オフィス北野では、身の回りの世話をちゃんとやるのよ。マツコさんが言ったからやりませんなんてって言わないでよ。あなたはまだインターンの身だからね。ちゃんとやるんだよ。」


あくまでプロとしてのムーブを起こすのは、プロになってから。インターン生の身なら、先輩からの指示を一番に考える必要があるとした。

■トップコートのインターンには…


続いて、中村倫也のマネージャーを務める女性インターン生のアドバイスへ。現場でタレントについて回っていると語りはじめると、マツコが早速アドバイス。

「現場でタレントさんの側にいるのが、マネージャーだと思わないほうがいい。デスクさんの横で、どんな電話かかってくるか。どんな話してるか聞く方がよっぽどマネージャーとして勉強になるわよ」


タレントよりもマネージャーがどんな仕事をしているのかを知るべきだと指摘するマツコ。女性インターン生が、「今は電話をとって繋げる仕事もしている」と言えば、マツコがそれを使って話を膨らませる。

「誰からかかってきた電話だって分かるわけじゃない。で、その人が、デスクさんがエグい話をするでしょ。そのエグい話を聞くことが大事よ。そこが理解できてるか、そこの話ができるかが、マネージャーさんのすべてだから」


タレント商売においての裏側を知ることが大事。それがあるから、タレントは輝くものだ。実際に動くタレントより、どうやって売れるためかの仕組みを知っているのはマネージャーであり、プロを目指すならそこをきっちり知っておく必要があるのだろう。

■「売れるマネージャー論」とは


OB生であり、現役のマネージャーから、営業に悩んでいるとの相談。マツコのアドバイスがまた飛び出す。

「グラビア全盛期の頃のマネージャーは朝まで反省会をして、次に出演する番組の傾向と対策をやってたそうね。やっぱり、自分のタレントさんに対して愛情を持ってるマネージャーのほうが強いわよ。


本当にそのタレントさんを売るんだっていう。自分の人生を捧げている人のタレントさんは成功してる可能性が高いよね。もちろん、みんな自分の人生があるから、すべてのマネージャーさんにそうなれとは言わないけど。


もし、本気でマネージャーの世界で成功しようと思ってるんだったら、いかに自分の人生を捧げることができるのかだね。自分のタレントさんに」


やはり、タレントはマネージャーにとって商品だ。商品としてのタレントを愛する営業マンとなれるかどうか。ファンとしてのタレントへの愛とは違う、何かを見いだせるかどうかが大きな境目となるのだろう。

■視聴者は感心


マツコから次々飛び出るアドバイスに対して、視聴者はその説得力に納得している様子。









テレビを見ている分には、決して見えない影の立役者であるマネージャー。だが自身が推したいタレントが売れるのは、そんなマネージャーの尽力あってこそである。これからはタレントを見るたびに、その裏で頑張るマネージャーの姿に思いを馳せる人も増えたかも。

・合わせて読みたい→綾小路翔、人生最高の一品を発表 思いもよらない料理に感動拡がる

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ