【Ivy to Fraudulent Game・山人音楽祭 2019】初登場にして榛名のトリ 群馬が育んだ激情のサウンドが包む

SPICE

2019/9/21 21:04

山人音楽祭 2019【榛名ステージ】 Ivy to Fraudulent Game


地元・群馬の若手バンドにトリを任せる。そんなG-FREAK FACTORYからの想いを託されて、今年、初出演にして、榛名ステージのトリとしてステージに現れたのはIvy to Fraudulent Game。その気持ちに応えるべく、「山人、いくぜ!」と、気合いのこもった寺口宣明(Vo/Gt)の掛け声を合図に「青写真」からライブはスタート。不規則に絡み合う緻密なバンドサウンドのうえで、寺口の耽美なボーカルが美しいメロディを紡いでゆく。
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game

内なる葛藤からの出口を探し出すような解放的なナンバー「blue blue blue」のあと、インターバルを福島由也(Dr)のリズムでつなぎ、渦巻く轟音のなかで思い通りにならない毎日への苛立ちをぶつけるような「E.G.B.A.」へ。激しく体を揺さぶりながら繰り出すカワイリョウタロウの荒々しいベースと、耳をつんざく大島知起のギターが重なり、緩急をつけながら熱を帯びてゆく激情のバンドサウンドは、青い炎のように静かに燃えていた。

MCでは、「G-FREAKは群馬の大先輩なんだけど、気づいてもらえてたんだなって。呼んでもらえたとき、心から“ありがとう”って思いました」と感謝を伝えた寺口。アイビーもまた、地元・群馬で自主企画を開催するなど、バンドのルーツである土地を大切にし続けるバンドだからこそ、山人への想いも特別なものがあるのだろう。
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game

軽やかなビートと踊るようなギターのフレーズにのせて、朗らかなメロディが弾んだ「革命」でフロアにハンドクラップが巻き起こすと、ラスト1曲を残して、寺口は「どうか今日が終わっても、一人ひとりのなかに音楽が再生されていますように。それが俺たち曲だったらいいなと思います」と願いを込めて伝えた。最後は、いまバンドにとっていちばん大切な楽曲だという「Memento Mori」。消えない孤独も、過去への後悔も、明日への恐れも、決して消え去ることはないけれど、その積み重ねこそ、いまを生きるということだ、と。そう力強く歌い上げたナンバーは、この日、あらゆる感情を呑み込んだアイビーの音楽のすべてが、紛うことなく光へ向かっていることを告げる、強い意志を持った曲だった。

文=秦理絵 撮影=半田安政
Ivy to Fraudulent Game
Ivy to Fraudulent Game

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ