いま注目の神尾楓珠「髪型がコロコロ変わる人が気になる」

ananweb

2019/9/21 20:30

見つめられたら視線をそらせなくなる。そんな印象的な瞳を持つ、俳優の神尾楓珠さん。ネクストブレイクの呼び声高い彼の魅力に迫る。

ドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)や映画『HiGH&LOW THE WORST』などの話題作で存在感を発揮し、注目を集める神尾楓珠さん。今秋にはメイクアップブランド『コフレドール』の「Twinkle Night Collection」のPR担当に抜擢された。

「“僕がコスメブランドの顔に!?”と、すごく驚きました。CMの撮影も初めてで、慣れないことも多くて。でも、現場でファンデーションをつけてもらった時は感動しました。つけた感じは軽いのにしっかりカバーしていて。女性のコスメってすごいですね(笑)」

理想の女性のメイクを聞くと、

「ナチュラルメイクっていうのかな? 素肌っぽい感じが好き。親近感が湧きます。あとは髪型がコロコロ変わる人も気になる。僕、髪を染めたり、パーマをかけたこともあるんですけどしっくりこなくて。だから、いろんな髪型が似合う人っていいなって。ケアに関しても、髪を洗ったらドライヤーで乾かすぐらいでなんにもしてないな。直毛だから、自分ではセットもあんまりしないです。顔も洗顔後に化粧水と乳液をつけて終わり、って当たり前のことばかりですね(笑)。体力作りも特にしていなかったんですが、最近、舞台の殺陣の稽古が始まって。やればやるほど楽しくてハマっています」

秋から初めての舞台『里見八犬伝』で時代劇に挑戦。8人の犬士が悪霊集団と戦う歴史ドラマで、神尾さんは最年少犬士の犬江親兵衛を演じる。

「親兵衛はほかの犬士たちと違って生い立ちが特殊で、視点も違う一匹狼タイプ。舞台で独特の存在感が出せればいいなと思います」

と意欲を見せる。初の舞台でかなり緊張しているかと思いきや…。

「すごく楽しみです。自分の演技を生で見てもらえるいい機会なので。正直、映像は編集で助けられているところもあると思っていて。舞台はごまかしが利かない分、今の力を出し切って、どういう反応が返ってくるのか知りたいです」

また、10月から主演ドラマ『左ききのエレン』もスタート。神尾さんは新米デザイナー、朝倉光一を演じる。

「作品のキャッチコピー“天才になれなかったすべての人へ”って言葉が響くんです。僕自身、凡人だから、重なるところがあって」

そう言いながら、役者人生をスタートした頃を振り返ってくれた。

「全然ダメで。演技がうまくなりたいとも思ってなかった。でも、ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)で共演した望月歩くんが真剣に、楽しそうに演じるのを見て、演技との向き合い方を変えたんです。今は、僕には天才って呼ばれるような才能はないけど、だからこそ成長の幅も大きいはず、という思いでやっています。演じる時に意識しているのは“役の幅”を少しはみ出すこと。たとえば、正義感が強い人でも弱い部分はあるし、クールな人だって情熱的な面はある。そういう感情の振れ幅や、秘めた気持ちを大事にして演じています。いろんな表情があるほうが人間らしいし、魅力的だと思う。もしかしたら、女性がメイクで印象を変えたいっていうのもそういう気持ちなのかな? 役者としては、これからも自分で枠を決めずにいろんな役に挑みたいですね。じゃないと天才には追いつけないので」

かみお・ふうじゅ 1999年生まれ、東京都出身。舞台『里見八犬伝』が10月14日、主演ドラマ『左ききのエレン』(MBS/TBSドラマイズム枠)が10月20日(MBS)、10月22日(TBS)スタート。衣装はすべてスタイリスト私物

※『anan』2019年9月25日号より。写真・三瓶康友 スタイリスト・吉田ケイスケ ヘア&メイク・高橋幸一(Nestation) 取材、文・浦本真梨子

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ