風間俊介、月9ヒロインの相手役もキスなし「学生時代の自分が聞いたら…」


フジテレビ系月9ドラマ『監察医 朝顔』(最終話 23日21:00~22:24)に出演する俳優の風間俊介と、子役の加藤柚凪がこのほど、クランクアップを迎えた。

主人公・朝顔(上野樹里)の夫・桑原を演じた風間と、その娘・つぐみを演じた加藤。上野とその父・平役の時任三郎と4人がそろう最後のカットを撮り終え、「風間俊介さん、加藤柚凪ちゃん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、上野から風間へ、時任から加藤へ、それぞれ花束が贈られた。

風間は「本当に皆さん、お疲れさまです。一足先にオールアップさせてもらいます。本当に温かいドラマで、色んな人が“とても丁寧に作られている”と言っているドラマに出させていただいて、本当に幸せです。僕は、ものすごくドラマっ子で育ちまして、この月9の枠でヒロインの相手役なんていう大役をいただくということを、学生時代の自分が聞いたらビックリすると思います。その学生時代の僕に、月9のヒロインの相手役だけど、キスシーンとか1つもないぞ、と言ったら、それもそれでビックリすると思うんですけれども(笑)、本当に幸せがいっぱい詰まったドラマでした。本当にありがとうございました!」とあいさつ。

一方の加藤は「楽しかったです! ママ(上野)もパパ(風間)もじいじ(時任)も大好きです。ありがとうございました!」と話し、家族4人そろっては最後となる写真撮影を行った。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ