【ディズニー・ハロウィーン2019】仮装レポート!今年はやはり「アラジン」が人気♪

じゃらんnews

2019/9/20 13:00


「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ

今年もいよいよ始まりました、東京ディズニーリゾート(R)の秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」!2019年9月10日(火)~10月31日(木)までの開催期間中は毎日、東京ディズニーランド(R)と東京ディズニーシー(R)で、ディズニーキャラクターのフル仮装が解禁になります。

普段は禁止されているフル仮装が思う存分に楽しめるこのイベントを、心待ちにしているディズニーファンは多数!毎年大勢の仮装ゲストが押し寄せて、2つのパークはひと際の賑わいに。

さて今年はどんなこだわり衣装が見られるのか!?パークで熱視線を浴びていたキャラクター仮装をレポートします。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>
■2019年は『アラジン』の仮装が人気!
■今年もプリンセスたちが百花繚乱!
■ディズニー映画の人気キャラクター仮装は他にも!
■ショーの出演キャラクターにも注目!
2019年は『アラジン』の仮装が人気!

パークの仮装では、毎年その年に公開されたディズニー映画のキャラクターに人気が集まる傾向が。そのジンクスに違わず多く見かけたのが、今夏に実写映画が公開されたばかりの、ディズニー不朽の名作『アラジン』。

東京ディズニーシーのアラビアンコーストに、個性様々なアラジンと仲間たちが集まっていました!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『アラジン』ダリア:まことさん、ジャスミン:ジャスミンさん、アラジン:白石さん
エキゾチックなアラビアンコーストの街並みがとっても映えている3人組さん。実写版映画を忠実に再現することにこだわったというジャスミンの衣装は、ビーズで描かれた模様がキラキラと華やか!

ジャスミンの親友であるダリアのドレスの柄は、型から手作りしてスタンプしたものだとか。アラジンのカバンの中には、今朝買ってきたという本物のリンゴが入っていました!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『アラジン』ファージャ:ひーさん、ジャファー:犬丸さん、ジーニー:tosioさん
完成度の高い仮装でハロウィーンらしいミステリアスな雰囲気を放っていたのが、こちらの大人グループ。「サルタンに魔法かける時の赤い目」をしたジャファーは、近くで見るほどに迫力満点。コブラの目が光る手作りの杖にもこだわりを感じました。

ファージャは昨年までの「ディズニー・ハロウィーン」で、東京ディズニーシーに登場していたジャファーの手下。くるっと回転すると美しく広がるスカートまで、丁寧に再現されています。ジーニーの立派なヒゲは、なんと地毛なのだとか!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『アラジン』ジャファー:タケワルドさん、アラジン:やぎみさん、アブー:あさぎさくさくさん、ジャスミン:ジャスミンエリーさん、ジーニー:あかねランドさん
ディズニー仲間だという5人組さん。アグラバーの街角を背景にした物語を感じる佇まいに魅かれて、思わず声をかけてしまいました!猿のアブーは擬人化に挑戦したということで、腕や足など部分的にふわふわ素材を取り入れているのがキュート♪

アニメの服装のサイズ感を意識したというアラジンの衣装も、バランスが絶妙に思えます。紙粘土で作ったジャファーの杖は、「仮装のルール」に則って2つに分解できる構造になっていました。皆さんのわきあいあいとしたお話から、仮装の楽しさが伝わってきます!
今年もプリンセスたちが百花繚乱!

ディズニー仮装の定番はやっぱり、プリンセス!いろどり華やかなドレスや、ウィッグで忠実に再現したヘアスタイル、物語のシンボルとなる小物など、様々なポイントに愛とこだわりが散りばめられた仮装は、見ているだけでも気分が上がります。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『リトル・マーメイド』アリエル:しゃけさん
赤毛のウィッグの制作時間は約2時間。中に緩衝材を詰めてグルーガンで接着したという、意外にもワイルドな制作工程を説明してくれたしゃけさん。

イベント期間中はアリエルの他にもエリック王子など、12~13キャラクターに日替わりで仮装する予定だとか。別のパターンもぜひ見てみたかった!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『リトル・マーメイド』アリエル:あやかさん、『塔の上のラプンツェル』ラプンツェル:あいかさん
続いてもアリエル!こだわりポイントはドレスのシルエットで、パニエを着用してスカートにボリュームを出しているそうです。確かに、私たちが取材した中でも一番と思える美シルエットでした。お見事です!

そしてラプンツェルは、ご友人に作ってもらったという編み込みヘアのウィッグが華やか!肩にちょこんと乗っているパスカルにも癒やされますね。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『リトル・マーメイド』アリエル:みのりさん、アースラ:ほのかさん
お次もアリエルですが、ヴィランズとのペアだと雰囲気がガラリと変わります。ディズニー仮装3年目というお二人は、『リトル・マーメイド』の仮装が定番。アニメのフォルムに近づけるように工夫を凝らしたというアースラの衣装は、タコ足部分に緩衝材を詰めてボリュームを出しています。

アリエルの衣装も、アースラのほのかさんのお手製だとか。タイトスカートの後ろ側にファスナーが付いていて、下げればキュッと細身な人魚の尾に、上げれば歩行を妨げないスカートに早変わり!アイデア力にも脱帽です。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『美女と野獣』ベル:ふぃおさん
『美女と野獣』の仮装も毎年人気です。大好きなエマ・ワトソンが演じた、実写版『美女と野獣』のベルに憧れて今回の仮装を決めたというふぃおさん。上品なナチュラルカールへアは実はウィッグで、昨晩に4時間かけて手作りしたとか。ドレスもウィッグも清楚な雰囲気がとってもお似合いです!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『美女と野獣』ベル:あやちん、野獣:あいぼん
ビシッと決めポーズをとってくれたこちらのお二人は、なんと姉妹!妹のあやちんさんがベル好きで、『美女と野獣』の仮装は3年目だとか。

手にしているルミエールは、フロリダから取り寄せたウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート限定品。小物へのこだわりも素晴らしいです!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『アナと雪の女王』アナ:あにゃさん、エルサ:飛桜(ひおう)さん
ディズニー仮装歴10年というベテランコンビ。9月の暑さに対応できるように、アナとエルサが両方とも夏服で登場する物語を仮装のテーマにしたそうです。

赤い紐とたくさんのスノーギースは、そのストーリーから抜き出してきた小物だとか。かわいらしい世界観に思わずほっこりしてしまいました!

他にも人気キャラクターの仮装がたくさん>>

ディズニー映画の人気キャラクター仮装は他にも!

プリンセス以外にもまだまだあります、人気仮装キャラ。ジャック・スパロウはもはやお馴染み!ディズニー・ヴィランズもパークのハロウィーンイベントに欠かせない存在です。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウ:ジャックさん
かなりの完成度で注目を集めていたジャックさんは、ジャック・スパロウの仮装歴10年。映画と同じ衣装や小物を海外でフルオーダーするなど、リアリティを追求した仮装をモットーにしているそうです。

マスターレプリカ製の北を指さないコンパスや、ドレッドヘアに結ばれている隠れミニーのコインなど、1つ1つのアイテムに対するこだわりがスゴイ!パークでもしも出会えたら、ぜひお話を聞いてみてくださいね!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『マレフィセント』マレフィセント:茶々丸さん、『ディセンダント』マル:あおいさん
ヴィランズのコスプレの筆頭ともいえるマレフィセント。今秋には続編の映画『マレフィセント2』の公開が予定されていて、例年以上の人気は確実!そんな中で取材班が出会ったのは、お子さま連れのマレフィセントでした。

「アニメ版のマレフィセントのマントは紫色だけど、デザイン画に合わせて赤色にしました」と茶々丸さん。お隣のあおいさんは、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービーの映画『ディセンダント』に登場する、マレフィセントの一人娘・マルに変身。衣装や手元の本は、海外で公式販売されているものを取り寄せたそうです!
ショーの出演キャラクターにも注目!

屋内外のステージで公演されているレギュラーショーや、イベント期間限定のエンターテイメント・プログラムなど、パークには多彩なショーが。

その中から、お気に入りの衣装をピックアップして仮装するゲストも多数。キャラクターだけでなく、ダンサーさんの仮装も増えています!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『ビッグバンドビート』のデイジーダック:がいがいさん、ミニーマウス:るなさん
東京ディズニーシーの人気ステージショー『ビッグバンドビート』が大好きというお二人。初回から最終回まで、1日の公演すべてを鑑賞することもあるほどに愛が深いのだとか。

目に焼き付けたミニーとデイジーの衣装を手作りで再現したドレスは、光沢の強過ぎない上質感のある布地にこだわりが!袖口にあしらわれた真っ白なファーが、優雅な衣装を際立たせていて素敵です。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『テーブル・イズ・ウェイティング』のグーフィー:MiNaさん
2017年の春まで、東京ディズニーシーで公演されていたステージショー『テーブル・イズ・ウェイティング』。そこに登場していた、幕の内弁当モチーフのグーフィーに仮装したというMiNaさん。

しいたけの笠、蒲鉾のハチマキと小道具に加え、上着の柄の再現にもこだわったという衣装は見応え満点です!お気に入りポイントは、背中側にあしらわれた「具」の文字だとか♪
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『Tip-Topイースター』のデイジーダック:ひめさん
キュートなうさピヨのぬいぐるみにピーンときた人は、多分アタリです!こちらの女性の仮装テーマは、今春の「ディズニー・イースター」で初開催された東京ディズニーシーの新ハーバーショー『Tip-Topイースター』に登場するデイジー。

春らしさ満開の衣装がお気に入りで、布地からこだわって手作りしたのだとか。鍋で二度染めして発色させたというピンク色の上着と、黄色いタイツのコントラストが目に鮮やか!かわいいデイジーに魅せられて、何だか春のショーが待ち遠しくなりました。
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポ『うさたま大脱走!』のダンサー:いもぞんさん、みっくさん
高校時代の同級生というお二人が仮装のテーマに選んだのは、東京ディズニーランドのイースターイベントで公演されているパレード『うさたま大脱走!』のダンサーさん。

リュックサックや腕時計など、本物に近づけるようにこだわったみっくさんの衣装は、制作に1カ月を要したそうです。うさたまのぬいぐるみを手に、バッチリ仕上がっています!
「ディズニー・ハロウィーン2019」仮装レポミニーマウス:そらさん
昔のミニーのグリーティング衣装を再現したというそらさん。「見えないところまで丁寧に作っています」という手作り衣装は、制作期間3週間ほど。

青いスカートはボリュームたっぷりの三段フリルで、グリーンのエプロンのリボンの裏側にはミッキーマークが。プロが作ったようなクオリティの高さに脱帽です!
まとめ

2019年のディズニー仮装、いかがでしたか?
取材に訪れた日は台風の通過直後だったため、例年に比べて仮装ゲストさんの姿は少なめでした。でもだからこそ、「荒天でも披露したい!」という、愛と情熱のこもったスペシャルな仮装に出会えたのではないかと思います。
数カ月前から着々と衣装作りに取り組んできたという方もいれば、一夜漬けで作ったという方もいて、皆さんの創作力にも感服するばかり…。

「仮装はしてみたいけど、衣装を用意するとなると難易度が高い」という人は、パークで身につけグッズを買って、プチ仮装から始めるのも一案。
また、今年の「ディズニー・ハロウィーン」ではブラック・コーデにも注目が集まっているので、黒い服装でお出かけするのもおすすめです。
どうぞ楽しいハロウィーンを!

※仮装のルールはこちらをチェック!
東京ディズニーリゾート(R)
問合せ/東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンター
TEL/0570-00-8632(9時~17時)
料金/1デーパスポート大人(18歳以上)7400円、中人(12歳~17歳)6400円、小人(4歳~11歳)4800円、シニアパスポート(65歳以上) 6700円ほか
「東京ディズニーリゾート(R)」の詳細はこちら

(C)Disney

▼過去の仮装取材はこちらから
・2018年~今年の人気キャラは?~
・2017年~期間中毎日楽しめる!~
・2016年~仮装が今年もスゴイ!~
・2015年~人気仮装BEST3!~
・2014年~じゃらんニュース初取材!~

※この記事は2019年9月時点の情報です

当記事はじゃらんnewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ