E-girls 武部柚那、ダンサーの男らしい告白に大興奮!

Entame Plex

2019/9/20 12:27



9月18日、ガールズダンス・ボーカルグループ・E-girlsのメンバー11人全員が出演するAbemaTVの冠レギュラー番組『全力部活!E高』#45が放送された。

この日の放送回では、『E高』が期間限定でお送りする恋愛リアリティショー企画第2弾、「ダンスして恋♪」の最終話をお送りしました。

当企画は、碧斗(22歳)、KaiTo(25歳)、昂洸(25歳)、RYO(30歳)、アネット(21歳)、紗耶(22歳)、瞳(24歳)、芽依(24歳)の男女8人のダンサーが参加し、3日間のダンス合宿を実施。4日後に行われる男女ペアでのショーケースに向け、レベルアップを目指しながら、ダンスと恋のパートナーを見つけていく恋愛リアリティショーです。性格や外見だけでなく、ダンスのセンスや相性も重要となる、ダンサー同士の恋愛模様をE-girlsが見守る。

「ダンスして恋♪」最終話では、合宿最終日を迎え、翌日のショーケースに向けたペア決めが行われた。

最後となる今回は、女性メンバーからペアを組みたい相手を指名し、指名が被った場合はジャンケンで勝った方がペア成立となるルール。早速、芽依と紗耶がKaiToを指名し、ジャンケンで勝った紗耶がKaiToとペアに。

続けて、前日のデートでは昂洸から「良かったら明日一緒に踊りたいな」と誘われ、RYOからも「(ショーケースは)アネちゃんとペアでやりたいかな」と思いを告げられていたアネットがRYOを指名。スタジオで見守るE-girlsからは「おお~!」と拍手が起こるが、瞳もRYOを指名したことで、スタジオでは一転して「キャーーー」という悲鳴が飛び交います。晴れて両思いペアの成立かと思われたRYOとアネットの間に、割り込むような形になってしまった瞳だったが、見事ジャンケンで勝利し、RYOとのペアを勝ち取った。

固唾をのんで見守っていたE-girlsは、あまりのもどかしさに「ギャーーー」と絶叫し、佐藤晴美は「ヤダ~!ねえ、ヤダよぉ~!」と悶絶。ショックのあまりイスから崩れ落ちるE-girls。その後、2巡目では芽依が碧斗を、アネットが昂洸を指名し、全てのペアが決定。最後まで波乱のペア決めとなった。

合宿開始から4日が経ち、いよいよショーケース本番。審査員となるダンス好きな観客の前で、ペアごとにダンスを披露し、順位を競うショーケースとなり、トップバッターには碧斗&芽依ペアが登場。ブレイクとジャズの異なるジャンルながらも、それぞれの特徴を活かし、見事なダンスを披露した碧斗&芽依のペア。

次いで、登場したRYO&瞳ペアは、瞳の女性らしさを引き立てつつ、RYOの技量が光る圧倒的なパフォーマンスを見せつけ、須田アンナは思わず「RYOさんヤバッ…」と呟くほど、E-girlsを魅了。続いて、3番手には昂洸&アネットペアが登場し、男女の出会いからストーリー仕立てに構成された振り付けと、息の合ったリズム感や掛け合いで完成度の高さを見せつけました。

そして、KaiTo&紗耶ペアのダンスでは、開始早々楓さんが「やっぱKaiTo色強い」とツッコミを入れるほど、作り込んだ世界観で表現力を発揮し、会場を大いに盛り上げた。全てのペアを見届け、E-girlsが「全部良かった~」と感動に浸る中、会場では早速結果発表が行われた。4位碧斗&芽依ペア、3位RYO&瞳ペア、2位KaiTo&紗耶ペアと順に発表され、見事、昂洸&アネットペアが1位に輝いた。

さらに、「ダンスして恋♪」のラストには、男性メンバーから思いを伝える“告白タイム”が…。KaiToが紗耶に、碧斗が芽依に告白し、さらに昂洸とRYOの2人がアネットに告白するという、ドキドキ展開を迎える8人だが、果たして告白の結果はいかに!?

武部柚那が「マジで告白が超良かった!」と興奮気味に語り、E-girlsを「いいなぁ~」「ドキドキする」と大熱狂させた告白の様子はAbemaビデオにて放送後7日間、無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

(C)AbemaTV

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ