松井愛莉が映画初主演 『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』公開

クランクイン!

2019/9/20 06:00

 モデルで女優の松井愛莉が初主演する映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』の公開が決定。あわせて八木将康や水野勝、藤原紀香らの主要キャストも発表された。

本作は、『花戦さ』で第41回日本アカデミー賞で優秀監督賞を受賞し、最新作『影踏み』の公開が控える篠原哲雄監督の最新作。セラピストに転職した主人公が、人を癒すために奮闘する姿を描く。

雑誌「Ray」で専属モデルを務め、ドラマやCMでも活躍する松井が主人公の一之瀬里奈を演じ、トラウマを抱える元プロ野球選手・碓氷隼人を劇団EXILEの八木が務める。八木は、田中将大(現ニューヨーク・ヤンキース)の1学年先輩で、高校野球の名門である駒大苫小牧高校野球部で甲子園に出場した経歴の持ち主。野球シーンで見せるリアルな演技も見どころだ。

ほかに、碓氷の友人で元野球選手の上坂浩司役をBOYS AND MENのリーダー・水野、里奈が務めるリラクゼーション・スタジオ「La Co Ro」で里奈の先輩でスポーツ施術が得意な西野大輔役に秋沢健太朗、里奈のもう1人の頼れる先輩セラピストの伊藤さやか役を橋本マナミが演じ、里奈が憧れるカリスマ・セラピストの鈴木カレン役に藤原が扮する。

松井は「篠原監督とお会いしていろんなお話をしてゆく中で、脚本や設定、里奈という主人公の性格もどんどん私と似た人物に作り変えて下さるという、とても有難い脚本作りや演出に感謝の気持ちで一杯です」と自身に役柄が近いことを明かし、「この映画で描かれている、『人を癒したいという想いが自身を成長させてゆく物語』を、人生やお仕事で悩んでいる方々にご覧いただいて、自分を好きになる方法のヒントにしていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。

頭部へのデッドボールを受けた恐怖がきっかけで戦力外通告を受け、復活に向けて努力している元プロ野球選手・碓氷を演じる八木は、「実は私も高校球児で現ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手と甲子園に出場したことがあり、左頬にボールが直撃するデッドボールで顔面骨折して、それがトラウマになってインコースや、キャッチボールの球ですら怖いという時期があった為、碓氷という役の気持ち、心情が、それこそ痛いほどわかりました」と役への共感を口にした。

映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』は2020年夏公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ