20代女性が、資格取得や転職・独立をする前に考えてほしいこと

yummy!

2019/9/19 07:30


20代女性が、資格取得や転職・独立をする前に考えてほしいこと

20代は仕事について悩み多き年代です。
今回は、資格取得や転職・独立を考えている女性に一度考えてほしいこと、についてお話します。

20代後半は、キャリアを変えたい・キャリアアップしたいという気持ちを抱きがち



「30歳転職限界説」という言葉があります。この言葉は、転職は30代になると難しくなる、ということを表した言葉です。
転職を考えている20代後半の方で、転職エージェントの担当者などに、「違う業界に転職するなら、これが最後のチャンス」という言葉を言われてことがある方もいるかもしれません。

資格を取得しても、仕事がない・年収アップしないことは多い



また、資格取得を考えている方も多いかもしれません。
「この資格があれば稼げる!」「女性に人気の資格ランキング」などという記事を目にすることも多いですよね。
宅建やFPの資格をとったり、「とりあえずTOEICの勉強をしておこう」と考えたりする人も多いでしょう。
常に学ぶ姿勢を持つことは素晴らしいことです。
ですが、目的は何かをまずは明確にしておく必要があります。
転職のために資格を取得したいという場合でも、業界によっては、資格だけあっても実務経験がなければ採用をあまりしていない、というところもあります。
世の中には、取得しても意味のない資格や、転職に役立たない資格、取得にお金と時間だけがかかる資格がたくさんあります。
また、資格を取得して就職や独立をしても収入が激減してしまう可能性もあります。もちろん、転職の成功・失敗は、収入だけでは決まりません。ですが、そういったケースも多いということを認識しておくべきでしょう。

資格取得・転職を勧めているのは誰か



さて、資格取得や転職・独立にはリスクがあります。それにも関わらず、勧めてくる人は多いですよね。それはなぜかというと、勧める人にメリットがあるからです。
転職でキャリアアップしよう、今動かないと!と急かすのはキャリアコンサルタントかもしれません。
転職エージェントの場合、ひとり転職させたら、その人の年収の約3割を企業から受け取ることができます。
資格取得を勧めてくるサイトには、資格取得のために通う必要のあるスクールの宣伝が貼り付けてある場合もあります。
このように、あなたのためではなく、利益を得るために資格取得や転職を勧めてくる人も多いのです。

さいごに。「自由」を目指すと「不自由」になることもある。自分で考えるしかない



さいごに、独立開業やフリーランスになることについても、一言いいたいことがあります。
独立開業やフリーランス全員が自由に働いている、いうのは幻想に過ぎません。自由にやりたいことだけしているようにみえて、実は、「やれることだけやっている」「下請けの仕事をなんとなくやっている」ことも多いのです。
つまり、短期的な自由を追求した結果、結局は不自由な場所に自分を追い込んでしまっている人もいる、ということです。本当に自由になるためには、ある一定の期間、不自由な場所で頑張ってみる必要がある、という人もいるでしょう。
どういった働き方がいいのかについては、結局、自分の頭で考えるしかありません。
「あなたのためにアドバイスしていますよ」という顔をして、利益を貪ろうと企んでいる人たちの言うことは、決して間に受けてはいけません。
(今来 今/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ