『ウォーリーをさがせ!もなかアイス』に親子で挑戦!食べ頃までにウォーリーは見つかるのか!?



あの「ウォーリーをさがせ!」が、アイスになって新登場。パッケージを一目見ただけでも“探したい”欲求がこみ上げてくる『ウォーリーをさがせ!もなかアイス』。親子でアイスの食べ頃までに、ウォーリーを探すことはできるのか!? そして、気になる味わいは?

■バニラ味からミルクティー味まで、全3種のフレーバー



一昨年、出版30周年を迎えた「ウォーリーをさがせ!」は、関連書籍の全世界累計発行部数6,500万部超えを誇るイギリス生まれの人気絵本。なんと日本の学校・図書館への導入率は、ほぼ100%という驚異の作品だ。



小島屋乳業製菓株式会社(東京都新宿区)の『ウォーリーをさがせ!もなかアイス』(110ml・税別147円・2019年3月1日発売)は、そんな「ウォーリーをさがせ!」がデザインされた、もなかアイス。幼少期を思い出して、思わず「懐かし~い!」と声をあげてしまう。

フレーバーは<バニラ味><ストロベリーミルク味><ミルクティー味>の全3種。



コンセプトは“楽しみながらアイスの食べごろまでにウォーリーをさがそう!”。パッケージ右下には“難易度”の表示があり、3種のフレーバーに星1つ~3つまで3段階の難易度を用意。合計9つの図柄が楽しめる。

■冷凍庫から出したら勝負開始……ウォーリーはどこに!?

何も知らずに冷凍庫を開けた子ども(小4・小1)たちは、『ウォーリーをさがせ!もなかアイス』に気づくやいなや「何これ~!!」と大喜び。「溶ける前に探さないと」などと話ながら、ニコニコ顔でウォーリー探しをスタートした。



難易度1については、数十秒でウォーリー発見! けれども難易度3では、なかなかウォーリーが見つからず。「これじゃぁ、アイスが溶けちゃうよ!」と、慌てて冷凍庫に戻す子どもたち……なんと健気なんだろう。

頃合いをみて、迎えた2度目の挑戦。数分かけて、母である記者がついにウォーリーを発見! なかなか見つからなかったため、ウォーリーに出会えた時には「いたーっ!」と親子揃って心から歓喜。「これでアイスが食べられるね」と、3つのフレーバーをそれぞれ3等分して親子で味わうことにした。

■中身もウォーリー! おいしい、楽しい、可愛いアイスに舌鼓



パッケージを開封すると、ひょっこりと顔を出すウォーリーが可愛らしい、もなかアイス。

<バニラ味>



まずは、王道の<バニラ味>から試してみよう。意外と言っては失礼かもしれないが、卵黄とバターが感じられる深みのあるおいしさ。



サッパリというよりは、コクがあってしっかりとしたバニラ風味のアイスクリームが楽しめる。

<ストロベリーミルク味>



続いて<ストロベリーミルク味>。酸味を控えた優しい苺ミルクで、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる。



甘さが強い子ども向けのアイスなのかと思っていたが、落ち着いた甘さで大人でもバッチリおいしく食べられた。

<ミルクティー味>



そして最後は<ミルクティー味>。「私が子どもの頃、ミルクティー味のアイスはなかったなぁ」なんて思いながら、息子たちと実食。すると、一口目から強く感じられる紅茶味。紅茶とミルクのバランスも絶妙で、夜にゆっくりと食べたいオシャレな味わいである。



少し大人っぽい味かなとも思ったが、長男は「ミルクティー味が一番好き」とのこと。つまりは3フレーバーすべて、子どもから大人まで笑顔で楽しむことができた。

ちなみにパッケージ裏面には、“さがしものはもっとあるぞ!”と、絵本と同じくウォーリー以外のアイテムを探すというお題も。我が家では、アイスを食べながらすべて見つけ出し、お腹も心も満たされて完食した。



わいわい盛り上がりながらアイスを堪能できる『ウォーリーをさがせ!もなかアイス』は、一部のサービスエリア、スーパー、新宿Kojimaya楽天市場店などで発売中!

当記事はおためし新商品ナビの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ